« 健康診断 | Main | 去年の今ごろ »

Saturday, 10 March 2012

巴旦杏は青酸カリの香り

といふのは、バスター・キートン……ではなくつて益田喜頓、でもなくつて、「MASTERキートン」から世の中にひろまつた、といふ話なのだが。

多分、やつがれは和田慎二のまんがで読んだと思ふんだよなあ。
和田慎二でなくても、少女まんがだと思ふ。
「巴旦杏」に「アーモンド」とルビが振つてあつたやうに記憶する。

そんなわけで、かなり幼い頃から知つてゐた。
「巴旦杏は青酸カリの匂ひである」と。

それはともかく、サンタマリアノヴェッラで石鹸を買つた。

Sapone alla Mandorla。
アーモンド石鹸、といつたところか。

ドクターブロナーのマジックソープにもアーモンドがあるが、こちらはそれほど香りは強くない。ドクターブロナーのマジックソープの中ではかなりマイルドな洗ひあがりで、冬は重宝してゐる。

サンタマリアノヴェッラのアーモンド石鹸も、かなりしつとりした洗ひあがりなのださうだ。
どんな感じなのか、今から楽しみである。

|

« 健康診断 | Main | 去年の今ごろ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 巴旦杏は青酸カリの香り:

« 健康診断 | Main | 去年の今ごろ »