« 二月後半の芝居見物とか | Main | 糸が来た »

Monday, 05 March 2012

再考の時

Pen Case

Pen and messageのペンケースを愛用してゐる。三本入るけどうすくてかばんの中でおさまりがいい。

このペンケースに、ペリカンのスーヴェレーン 800 デモンストレータと、プラチナ萬年筆の本栖、それにデルタのドルチェ・ヴィータを入れてゐる。個人的に「旧枢軸国フォーメーション」と呼んでゐるラインナップだ。

スーヴェレーンは太字で、Pen and messageの山野草といふインキを入れてゐる。本栖は細字でプライヴェートリザーヴのアヴォカード、細字のドルチェ・ヴィータにはデルタの純正ブルー。
これに、中屋万年筆の細軟字にプラチナのブルーブラックを入れた萬年筆があれば、ほぼ完璧だつた。
太字はアイディア出しのときなんかにA4の裏紙にこれといつたこともなくいろいろ書くのに向いてゐる。アヴォカードは芝居や本の感想用。ドルチェ・ヴィータは、ま、なんだ、いはゆる勝負萬年筆とでも云へばいいのか。

Moleskineを使ひはじめるまでは。

残念ながら、スーヴェレーンと本栖はMoleskineと相性がよろしくない。いづれインキのせゐだらうとは思ふけど、滲んだり、裏抜けしたりする。
んー、まゐつたなあ。また選抜しないといけないか。

Pen Case

|

« 二月後半の芝居見物とか | Main | 糸が来た »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/54152467

Listed below are links to weblogs that reference 再考の時:

« 二月後半の芝居見物とか | Main | 糸が来た »