« 糸はできるだけ巻いておきたい | Main | 春夏の新刊 »

Tuesday, 07 February 2012

蝸牛の如し

Forest Fiestaを編んでゐるのだが。
なにごともなければもうだいふ進んでゐるはずだつた。
外周が終はつて、やつと平らに編むところまできた。
512目を円にして編みはじめ、300目まで減らした。
そこから144目伏せて、96目を平らに編むところまできたといふわけだ。

だがここから先も長さうだ。
ここまで来たら完成できるやうな気もするけれど、なにしろやる気に波が出てきてしまつたからなあ。
うーん、着られるうちにできあがるかなあ。できあがるといいなあ。

実は、これの袖無し版を編みたいんだよね。
情けないことにどうなつてゐるのかよくわからなかつたので、とりあへず編み方通りに編んでゐるといふわけ。

しのごの云つてる暇があつたら編めつてか。
さうかなさうかも。

|

« 糸はできるだけ巻いておきたい | Main | 春夏の新刊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 蝸牛の如し:

« 糸はできるだけ巻いておきたい | Main | 春夏の新刊 »