« もつと時間を | Main | 早くも挫折気味 »

Saturday, 07 January 2012

どこまで読んだかわからない

あみものミステリといふジャンルがある。
といふ話は、以前はてなダイアリーの方で書いたのだが、まあ、ある。
海の向かうには。

五シリーズくらゐ読んでゐて、そのうち三つは何巻か読んだ。そして、どこまで読んだのかわからなくなつてしまつた。
一応いづれも一巻完結なので、最新作からさかのぼつていけばいいのかもしれないが、できれば順番に読みたいんだよなあ。

だいたい、「ミステリ」といひながら、謎解き部分はお粗末なものが多いんだよなあ。まあ、そこがいいといふ話もあるけれど。

大抵は棒針編みミステリで、ひとつだけかぎ針編みミステリを読んだことがある。棒針編み(knitting)とかぎ針編み(crochet)のあひだには深くて暗い河が流れてるんだよねえ、アメリカでは。
中にはあみものといふよりは刺繍がメインのシリーズもあるし、牧場がそばにあつて紡いでゐたりもする。
あと巻末に話の中に出てきた作品のパターンが出てたりすることが多いね。たまにお菓子の作り方だつたりすることもあるけど。
さう考へると、あきらかに「ミステリ」といふよりは「あみもの」「手藝」寄りだ。さういふ読者層を狙つてゐるんだらう。

本邦にも「あみものミステリ」あればいいのになあ。
とは思へども、そんなにあみもの人口つて多いとも思へない。
日本だと「あみもの」よりは「ミステリ」に力をおかないと出版されないやうな気がするんだよね。

ところで今日も芝居を見てきた。
よかよかだつた。


|

« もつと時間を | Main | 早くも挫折気味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どこまで読んだかわからない:

« もつと時間を | Main | 早くも挫折気味 »