« 週末はこんなことをしてゐた | Main | プラチナ萬年筆 本栖の惨状 »

Sunday, 14 August 2011

新しいシャトル

書きたかないが暑い。
「節電」といふこともあつて、家では空調は使つてゐない。
使つてもいいんだが、涼しくなるときがないので、一度つけると切るタイミングがない。
ゆゑにつけるタイミングをはかれないのだ。

暑いとなにもする気にならない。
「暑い……」とつぶやきつつだらだらぼんやりするばかりだ。
これではいかん、と思ひつつも、もうどうにもならない。

そんな中、新しいタティングシャトルが届いた。
Pony Tatting Shuttleだ。

Tatting Shuttles

写真中央がPonyのシャトルである。Aeroによく似てゐる。
Aeroのシャトルはやづかれの手にはちよつと大きい。
よつて、Ponyのシャトルも買ふつもりはなかつた。
なかつたが、しかし、使つてみもせずに「使へん」とは云へない。
さう思つた。

それで、Handy Hands で買物をするついでに、ひとつ買つてみた。
今日届いたので早速使つてみると、これが案外使ひやすい。
なぜだらうと思つてAeroのシャトルと比べてみると、これが、ほんのわづかばかり小さいのだ。

Tatting Shuttles

この写真でわかるだらうか。ほんたうに、ちよつとだけだが、Ponyの方がAeroより小さい。このほんのちよつとの差が、使ひやすさにつながるのらしい。
Ponyの方が若干厚みがあるが、気にならない。
これは使へるぞ。

ちなみに、Aeroはお尻にボビンをさして糸を巻けるやうになつてゐるが、Ponyはできないやうだ。
これはちよつと残念。

|

« 週末はこんなことをしてゐた | Main | プラチナ萬年筆 本栖の惨状 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新しいシャトル:

« 週末はこんなことをしてゐた | Main | プラチナ萬年筆 本栖の惨状 »