« 節電? | Main | PowerPointは読み物を作るアプリケーションに非ず »

Wednesday, 06 July 2011

萬年筆向きの語学テキスト

いつからだらうか。NHKラジオ講座テキストの紙質が変はつた。
聞きながら、とつさにメモを取らうとして、手元にはLAMYのJOYしかなかつた。
にぢむよなー、と、思ひつつ書き込んでみたらこは如何に。
にぢまない!
裏抜けしない!

LAMYのJOYは、カリグラフィーペンだ。すなはち、太い線が書けるペンである。
純正ターコイズのカートリッジを使つてゐる。

これはインキがいいのかもしれない。
さう思つて、同じLAMYのJOYで、ナガサワ文具センターオリジナルのインクである須磨パープルを入れてゐる。セーラーのインキが元になつてゐるものだ。

にぢまない!
裏抜けしない!

その他、パイロットの紺碧を入れたキャップレスの中字、モンブランのミステリーブラックを入れたシェーファーのノンナンセンス、ウォーターマンのブルーブラックを入れたクルトゥールライトソフト、ペリカンのジェイドを入れたパイロットのブレラの細字を試してみた。
手元にあつたのがそれだけだつたからだ。

いづれもにぢまないし裏抜けしない。
しかも、当然かもしれないが、書きやすい。

正直、Moleskineよりも優秀だ。

以前、同じクルトゥールライトソフトで書き込んだときには、あきらかににぢんでどうしやうもなかつたがなあ……。

おかげで、書き込むのが楽しくて仕方がない。

テキストがうつるとまづいかもしれないので、広告ページに書いてみた。紙質はおなじだと思ふ。
NHKラジオ講座のテキスト
このとほり、ほとんどにぢみを感じない。

裏はこんな感じ。
NHKラジオ講座のテスト
裏抜けしてない。

|

« 節電? | Main | PowerPointは読み物を作るアプリケーションに非ず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 萬年筆向きの語学テキスト:

« 節電? | Main | PowerPointは読み物を作るアプリケーションに非ず »