« 勤め人にiPhoneは必要か | Main | シャトル三兄弟 »

Monday, 20 June 2011

かばんほしい病

ここのところ糸や羊毛の購入を抑へてゐる反動だらうか。
必要ないのにかばんがほしくてならない。

実は、もうかばんは不要といふくらゐたくさんある。
そもそも、一度にひとつ、せいぜいふたつ持てればいい方である。
ふたつ、とか書いたけど、実際には風呂敷やあづま袋を持つてゐたりするので、どう考へてもひとつあれば足りる。

もちろん、時と場合によつて持ち替へる必要もあらうから、ひとつだけあればいいといふものでもないが、それにしたつて、精々五つあればどうにかなるんぢやあるまいか。

かつてマラカニアン宮殿には三千足の靴があつたといふ。
いらないだらう? 履きつぶすことを考へたつて、三千足は過剰だ。

これを他山の石として、これ以上余分なかばんは増やさないことにする。
それが人の道だらう。分を弁へた行動だらう。

と、書いてゐるそばから、「いいんぢやない、かばんのひとつくらゐ」といふ悪魔のささやきが聞こえてくる。

ちなみに今ほしいなあと思つてゐるのはル・ボナーのコンフェティ。単色のがいいなあと思つてゐる。
でも荷物多いからなあ。これぢやあおさまらないよなあ。
と、いふのが買はない理由になつてゐる。

でも、実際に使つてゐるやうすなんかを見ると、ねえ……。

や、買はないよ。買ひませんとも。

……いまのところはね。

|

« 勤め人にiPhoneは必要か | Main | シャトル三兄弟 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference かばんほしい病:

« 勤め人にiPhoneは必要か | Main | シャトル三兄弟 »