« 世界をこの手に | Main | タティングレースで男もの? »

Friday, 17 June 2011

おやすみの日にiPadを持ち出すための小型ショルダーバッグ

もうかばんはいくらも持つてゐるのだが。
国立商店のおやすみの日にiPadを持ち出すための小型ショルダーバッグを買つてしまつた。

国立商店のおやすみの日にiPadを持ち出すための小型ショルダーバッグ

まづ、肝心のiPadを入れた感じは、大変によい。
これまで、iPadを持ち出さうといろいろなかばんに入れてみたが、なんとなく重たいのだつた。
まあ、iPad自体、そんなに軽いものではないと思つてゐるので、仕方がないかなーとあきらめてゐた。
しかし、このかばんに入れると、iPadはすつきりおさまるし、あまり重たさを感じない。おそらく、その他の荷物をつめこんだりしなければ、かなり軽快に外歩きできるんぢやあるまいか。
そんな気がする。

ところで、職場にはiPadを持ち込んではいけないことになつてゐる。
仕方がないので平日はiPad以外のものをつめて出勤してゐる。
伸縮性の乏しい素材なので、必然的にまちの幅以上のものは入れられない。
それでもかなりの量の荷物が入る。
メインコンパートメントの中はiPadを入れる大きなポケットと、反対側に真ん中でしきられたポケットがふたつある。前面のふたつの大きなポケットにそれぞれひとつずつ小さいポケットがついてゐる。
もう少しこまかく仕切りがほしいやうな気がするが、使つてみるとこれで十分な気がする。
中で荷物がごちやごちやになつたりしないし、ほしいものがすつと出てくる。多分、A4サイズの書類を横にしてゐられるくらゐの深さといふところがいいのだらうと思はれる。

国立商店のおやすみの日にiPadを持ち出すための小型ショルダーバッグ

内部は赤で、中にいれたものが見やすい。
普段から、黒いかばんを持つことを考へてなるべく明るい色の小物を持つやうにしてゐるのだが、さういふ気遣ひは不要かと思ふ。

最初肩にかけたときに、荷物の入れ過ぎのせゐもあつてかかばんにひつぱられる感覚があつたが、ストラップの長さを調整したので、今は問題なくなつてゐる。

ひとつ気になるのは、荷物の入つたままのかばんを置いた時に、前面側に倒れがちなことか。前面のポケットに重たいものが入つてゐると、当然かばんは立たずにポケット側に倒れるやうになる。当然のことだけどね。

そんなわけで、この週末はiPadを入れて外出しやうかなあと思つてゐる。
楽しみ楽しみ。

|

« 世界をこの手に | Main | タティングレースで男もの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference おやすみの日にiPadを持ち出すための小型ショルダーバッグ:

« 世界をこの手に | Main | タティングレースで男もの? »