« 「大人かわい」くないスクラップブッキングを目指す | Main | 組み合はせの妙 »

Saturday, 25 June 2011

Beauty of Minimum

分度器ドットコムで、カンダミサコのペンシースを購入した。シュランケンカーフで色はミント。夏らしい色だ。

カンダミサコのペンシース

このペンシースは以前から気になつてゐたもので、いつか買はうと思つてをり、今回「えいや」と買つてしまつたものである。
これまで躊躇してゐたのは、色がたくさんあつてなかなか選べなかったからと、買つたとして、どのペンをさすか決めきれずにゐたからだ。

買つた今、どのペンをさすかいまだに決められずにゐるが、ひとまづペリカンのブルー・オ・ブルーをさしてみてゐる。スーベレーン800はこのペンシースにはちよつと長いかもしれない。上の写真でも中に入つてゐるので、はみ出すほどの長さではないけれど、まちつと余裕がほしい気もする。

ところで下にあるのは先日購入したSmythsonの手帳だ。セールだつたので入手にふみきつたといふ、スマイソンとしてはあまりありがたくない客だらう。
うすいけど、128ページくらゐある。持ち歩くのにもこれ一冊あれば十分だ。

正直、この手帳とこのペンシース(と中身の萬年筆)だけをかばんに入れて日々過ごせないものか。
さう思ふ。

手帳に関しては、できないこともないかもしれないが、ペンは、なあ……。今でも七本ほど持ち歩いてゐるといふのに。

でも、実際にこの手帳とこのペンシースを手にしたときのうすさ、ちいささには惹かれずにはゐられない。

うーん、一度試してみるかなあ、この手帳とこのペンシースだけで過ごすことを。
案外いけるかも?

|

« 「大人かわい」くないスクラップブッキングを目指す | Main | 組み合はせの妙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/52043900

Listed below are links to weblogs that reference Beauty of Minimum:

« 「大人かわい」くないスクラップブッキングを目指す | Main | 組み合はせの妙 »