« 分相応に暮らす | Main | 「The Society of Mind」を読む その一 »

Monday, 03 January 2011

箱根駅伝が終はると正月休みも終はる

タイトルのまんまだが。
箱根駅伝の中継も演出過多でどうかと思ふが、その他の番組よりはそれでもまだましなことに、終はつてから気づく。
毎年のことだ。

年々、見たいと思ふTV番組が減つてゐる。
年を取つたから、といふ説もある。
つまり若い人は喜んで見てゐるといふことか。
うーん、さうなんだらうか。

お笑ひ番組とかは好きで結構見てゐる方だと思つてゐるんだが、あんまりさういふ番組ばかりだと、好きなはずの芸人の出番でも苛々してくることがある。

疲れてるのかな。
休みなのに?

年々、「正月気分」の番組を放映する期間が長くなつてゐる気がする。
見なけりやいい。
それだけの話なんだがね。

|

« 分相応に暮らす | Main | 「The Society of Mind」を読む その一 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 箱根駅伝が終はると正月休みも終はる:

« 分相応に暮らす | Main | 「The Society of Mind」を読む その一 »