« November 2010 | Main | January 2011 »

Sunday, 26 December 2010

VeLops は小顔向き

Fans:FansでVeLopsのオンラインショップオープン記念といふことで、マルチファンクションアクセサリのプレゼント企画に応募した。
みんごと当選し、VeLopsから製品を頂戴した。ありがたい話である。

詳しくはVeLopsのサイトを見るのが手つ取り早い。えうは、円筒状の布地だ。伸縮性に富み、ターバンや帽子、ネックウォーマなどなど様々な用途に使へる、といふものである。

で、使つてみての感想だが、イマドキの若者風小顔の人向きの製品なんだなぁ、といふこと。
上のリンク先に使ひ方の動画とかあつて、これがまた親切でとてもよいのだが、モデルのお嬢さんの頭はステキに小さい。

どうやらこのマルチファンクションアクセサリは、伸縮性の「縮性」には優れてゐるが、「伸性」の方はそれほどでもないやうなんだな。
下手にヘッドバンドやターバンとして使はうとすると、すぐに頭からするりと抜けてしまふ。こちらの頭が大きいから仕方がないんだけど、ちよつと残念だ。
また、顔や首にかけた状態で引つ張ると、気をつけないと首をやられさうになる。

おそらく、普通の人なら問題ないことなんだらう。
まちつと使つてみて、うまい方法を見つけるつもりだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, 01 December 2010

11月の読書メーター


読んだ本の数:2冊
読んだページ数:394ページ

一流の習慣術  イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (ソフトバンク新書)一流の習慣術  イチローとマー君が実践する「自分力」の育て方 (ソフトバンク新書)
ずーっとイチローが二軍にゐたのは土井に「振り子打法」に対する理解がないからだと思つてゐたが、なんだ、生意気だつたからなのか、と、納得。野村克也のええ話には泣けるなあ。ときどき文章の意味が不明なことがあるが、全体的には読みやすいと思ふ。自分になにか実践できることがあるか、は、チト謎。それは「や・か・ぜ」にしないといけないのかな。
読了日:11月18日 著者:奥村 幸治
Death of a Gossip (Hamish Macbeth Murder Mystery)Death of a Gossip (Hamish Macbeth Murder Mystery)
冒頭、しよつ中視点が変はるが、読みづらくはない。よく小説をくさす時に「視点が一貫してゐない」といふが、それつてどうなのかなあ。一環してなくたつて、読めるんぢやない? TVドラマとはチトちがふ雰囲気を感じるが、一作目だからかも。
読了日:11月21日 著者:M.C. Beaton

読書メーター

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2010 | Main | January 2011 »