« 眼鏡新調(の予定) | Main | 犯人はあなたです »

Thursday, 05 August 2010

今月見に行く予定の芝居

新橋演舞場に「東海道四谷怪談」を見に行く予定である。
「東海道四谷怪談」といへば、怖いもの、と、相場は決まつてゐる。
ホラーとか怪談とか大の苦手のやつがれには、本来縁のない演目のはずである。

きつかけは、山田風太郎の「八犬伝」だつたと思ふ。
朝日新聞に連載されたこの小説は、「南総里見八犬伝」を描きつつ、物語を書く曲亭馬琴のことも描いてゐた。
中に、馬琴と同時代人である四世鶴屋南北も登場する。
「東海道四谷怪談」を上演する話も出てくる。
ここで、「東海道四谷怪談」は忠臣蔵の世界の話であるといふことをはじめて知つた。
まだ歌舞伎を見たこともないころのことだ。

その後も歌舞伎を見ることなく過ごすうち、岩波文庫に「東海道四谷怪談」があることを知つた。
悩んだ。
怖かつたらどうしやう。
それでなかなか手が出ない。
あるとき遠出をすることがあつて、車中暇だらうといふので、「東海道四谷怪談」を旅の友にすることにした。
怖くなりさうだつたらそこでやめればいい。
さう思つた。

電車に乗つて座席につくなり読みはじめてみたらばこはいかに。
おもしろい。
巻置く能わず、と、よく云ふが、戯曲(……つて云つていいのかなあ)とは思へないほど話の流れがつかみやすいし、おもしろい。
特に、序盤。伊右衛門と直助が四谷左門を殺してお岩・お袖姉妹に取り入るくだりが実によくできてゐる。
「東海道四谷怪談」以外の芝居もまだ見たことのないその状況で、「これは、多少まづい役者がやつても十分おもしろい話なのではないか」と、さう思つた。

その後しばらくして、歌舞伎座などに足を運ぶやうになつて、さて「東海道四谷怪談」がかかるといふことになつた時、「怖いから、遠くから見やう」といふので、三階席のそれも奥深いところから見ることにした。

話のおもしろさはそのままに、まつたく怖くなかつた。

なんだといふので、次に見るときは思ひ切つて一階席を取つてみた。

その時の役者の調子といふのもあるのかもしれないが。
この時は実に怖かつた。
なにが怖いつて……
うーん、別に幽霊とかが怖かつたわけぢやあない。特殊な化粧が怖かつたわけでもない。
ただわけもなく、背筋のぞつとする感覚があつた。

今回はどうかなあ。
やはり怖いだらうか。
あるいは哀れに思ふか。
それとも……もしかしたら退屈するかも?

といふわけで、見に行くのを楽しみにしてゐる。

|

« 眼鏡新調(の予定) | Main | 犯人はあなたです »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今月見に行く予定の芝居:

« 眼鏡新調(の予定) | Main | 犯人はあなたです »