« 憧れのペンクリニック | Main | きょうは(BlogPet) »

Sunday, 10 June 2007

緊張したよ

といふわけで、ペンクリニック初体験、である。

見てくださるのは長原幸夫先生だ。
さんざん悩んでモンブランのマイスターシュテック オマージュ・ア・フレデリック・ショパンを持つていつた。
まづモンブランの保証がなくなることを確認された後、ちよつとペン先を見るなり「カリカリカリカリするでせう」と云はれた。「でもよく使へとるよ」といふのはこれは話半分くらゐに聞いておいた方がいいのかな。
ペンの太さは、力を入れずに握れるくらゐがよい。丁度卵を握るやうな力の入れ具合で、と続く。なるほど、この萬年筆は細すぎる。ふーむ、さうするとスーベレーン400も細いよな。オプティマとかドルチェヴィータならいい感じだらうか。レアロもいけるな。と、頭の中で考へる。
また、ペン軸を抜き出して、「インクのかすと紙のゴミ」と教へられる。インキのかすはともかく、紙ゴミがあんなにつまつてゐるとはっっ。さうなのかー、紙ゴミかあ。水道水を流しておいて掃除をするとよいと教はる。
幾度かペン先を研ぎスリットにディスクをはさんだりして、戻つてきたペンはまあ信じられないやうな書き味のよさ。
「一年に一度車検のつもりできんさい」と云はれて、無事終了。
ほんたうはその後も脇でそれとなく見学してゐればよかつたのだらうが、緊張がピークに達してゐたのでそそくさとその場を去る。

周囲はどうも常連さんばかりだつたやうだ。やつがれの前の人はLAMMYかなあ、鉄ペンの調整をしてもらつてゐて、やつがれの後は御夫婦だつたらしい。その他にも次から次へとお知り合ひがあらはれる。
実は以前も別の場所でペンクリニックを傍観したことがあつたのだが、なんだかみんな「マニヤ」な方ばかりのやうで仲間に入れてもらひづらかつたんだなあ。やつがれは、萬年筆は好きで使ふけれども、それ以上の知識はないからなあ。
なんか、「ぼーつとした話のわからん奴」と思はれたらうなあ。
ま、いつか。

以上、東京大丸の文房具売り場で、セーラー万年筆のペンクリニックが開催された、その時のことを書いてみた。
午後一時から二時まで昼休みだといふので、二時ちよいまへに着くやうに行つたら、ペンクリニックの方は休みに入つたばかりのやうだつた。
今回はインク工房も同時開催で、こちらも体験してみたかつたのだが、今回は断念。

目の前でくりひろげられる職人技つて圧巻。これはペンクリニックもさうだし、インク工房もさう。思はず見入つてしまふ。

それにしても緊張するつてどーよ。それつて自分を自分以上に見せたいつてことぢやないのか、と、あとで反省。
まあ仕方ないね。
それにしても、蘇つたかのやうなこの書き心地を如何せん、だよ。
いや、どうしやうもないのだが。
たとへやうもなく、うれしい。

|

« 憧れのペンクリニック | Main | きょうは(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/15382041

Listed below are links to weblogs that reference 緊張したよ:

« 憧れのペンクリニック | Main | きょうは(BlogPet) »