« 国産萬年筆が好き(BlogPet) | Main | 最近読んだ本 »

Saturday, 02 June 2007

NHKのアナウンサでさへも

「ビールがおいしく感じる季節」といつて恬として恥ぢるところがない。
6/1朝のニュースで、栃木県小山市上空からの実況であつた。

ここで、なにも揚げ足を取らうといふのぢやない。
NHKのアナウンサでさへも普通に使ふ表現なのだ。
「ビールが」おいしく「感じ」たり「新刊が」「売つてゐ」たりしても、まつたくをかしくないのである。この文法はもう正しいのだ。
めうだと感じるやつがれの方がどうかしてゐるのである。

言語は、特に口語は、時々刻々かはつてゆくものなのだと思ふ。以前はよく「ら抜きことば」なんて云つたけれど、最近はとんと耳にしなくなつた。もうあたりまへのことになつてしまつたのだらう。

「ビールがおいしく感じる季節」のなにがをかしいのか。
ビールが感じるか? さう考へればすぐわかるだらう。
正しくは「ビールがおいしく感じられる季節」なんぢやなからうか。
あ、「正しくは」とか書いちやつた。どちらかといへば、かな。

ビールは感じない。新刊は売つたりしない。どちらも感じられ売られるものだ。

しかし、この表現にはひとつの法則がある。
状態をあらはす時に使はれるといふことだ。
すなはち「ビールがおいしく感じる」といふのは、「ビールがおいしい」といふ状態を感じ取ることである。「新刊が売つてゐる」とは云つても「新刊が売る」とは云はない。すなはち売られてゐるといふ新刊の状態をあらはす時に「新刊が」といふのだ。

さうわかつても、また既に正しいものになつてゐるとしても、おそらくみづから進んで使ふことはないけどな。

|

« 国産萬年筆が好き(BlogPet) | Main | 最近読んだ本 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference NHKのアナウンサでさへも:

« 国産萬年筆が好き(BlogPet) | Main | 最近読んだ本 »