« September 2006 | Main | November 2006 »

Sunday, 29 October 2006

余裕がない

受験勉強をしてよかつたと思つてゐる。
実際その勉強が役立つたわけではなかつたが(勉強したことは試験に出なかつたからだ)、それでもしてよかつたと思つてゐる。
社会科は世界史を選択するつもりだつたので、当時世界史ではもつともむづかしい問題を出すといはれてゐた早稲田大学は政治経済学部の過去問題を解いたりしたつけ。世界史といふよりは「時事問題なんちやふの?」みたやうな問題も多かつた。「フォークランド紛争で問題になつたフォークランド諸島のアルゼンチン名を記せ」みたやうなね。「マジマジの反乱」なんてのもここの過去問で知つた。

わかつてゐる。過去問といふのは過去出題された問題からその傾向を学び、合格する一助と為すために使用するものだ。
でも楽しかつたからいいのだ。

話はかはつて近頃、まつたく余裕がない。
十月に職場をうつつて、通勤時間はそれまでよりずつと短くなつた。これまでは朝二時間半・夜二時間ちよいだつたのが、朝二時間・夜一時間半くらゐになつた。
♯……それでも朝は二時間もかかつてゐるのか。
♯くっっっ……

けれども、これまでやつたことのない作業ばかりだつたり、予想外の展開が多かつたり、また職場自体がかはつて初対面の人々と働いてゐたりといふことがつもりつもつてゐるのだらう、気持ちの上でまつたく余裕がないのだつた。
♯したがつてエントリもなかつた、といふ話もある。

でも余裕がないのつてそれだけなのかな、と思つたりもする。
たとへば、まつたく新たな分野の仕事をする場合、仕事に入る前あるいは入つた直後にその助けになるやうな講習会を受講するなりあるいは自分で独学するなりといつた時間があつたりすると思ふのだ、普通は。
少なくとも上司の話を聞く限り、ある仕事から他の仕事にうつる場合はいはゆる「アイドリング期間」をまうけて次の作業にスムースにはいれるやうにしてゐる、といふ。また同僚の話でも、次の仕事に行く前にリフレッシュ期間のやうな休みを取らせてもらつたなんてなことをきく。

…………そんなの、今まで一度もないんだけどな。
まあ長いことひとつの仕事に従事して来たといふこともあるが、ここ三年ばかりは毎年一度は職場をかはるやうなことがあつて、でもそのたびに前の日まではある職場にゐて、次の日からは次の職場といふことばかりだつた。
それがあたりまへだと思つてゐた。

……「スキル不足」を理由に辞めさせられるんぢやなからうか。

そんな不安もあつたりする。

まあしかし、えうは余裕がないんである。全社員がしやかりき(つて死語?)になつて働いてはじめて、いや、全社員がしやかりきに働いてもなほ、目標に到達しないときてゐるからだ。
そして、それはやつがれの勤める会社だけの話ぢやない。
最近、飲酒運転が問題になつてゐる。
飲酒運転はよくない。絶対やめないといけない。してはいけない。
飲んだら乗るな乗るなら飲むなとはよく云つたものである。
だが、たとへば運送業者の仕事の過酷さを考へた時、つい飲んでしまふといふ気持ちをわからないとはいへない。
♯だからといつて飲んでいいわけではない。
♯……くくく。

また長いことお世話になつてゐた客先もさうだ。
はじめてお世話になつたころは、年に二回の大きな企画があつて、準備も入念だつたし客側も十分commitしてきて仕上がりに厳しく目を光らせてゐた。
あれから幾春秋(いや、それ、大袈裟だから)。
その客先も合併し、いはばちがふ企業になり、そして年に二回だつた大きな企画はなくなつてなんだかよくわからない企画が日々林立するやうな形になつた。
早くとにかく早く、安くとにかく安く仕上げる。
さういふ仕事ばかりになつた。
そして、客側の人数は増えたはずなのに、仕事にcommitしてくる客は皆無になつた。全部おまかせ。こちらちから「過去にかういふ作業をしました。完璧を期するためにも実施したいのですが」と云つても「調整に時間がかかるから」とか、単に「コストの無駄だから」といふ理由で実施されなくなつた。
その結果は書くまでもないだらう。

なんだか世の中全体が「余裕がない空気」に満ちてゐる。

さう思つたのは去年の今頃、丁度通勤時間の東京駅は八重洲北口に降り立つて日本橋方面に向かつて歩いてゐた時のことだ。
道行く人の大半は勤め人とおぼしい。
行き交ふ人もまた同じ。
そして、なんだか知らないがあたりの空気が殺伐としてゐるのである。
みな余裕なくせかせかと歩いてゐる。
もし今あちらからまつつぐ歩いてくる女性にぶつかつたら、血を見るやうなケンカに発展するんぢやないか。
そんな感じがした。
電車の中もまたそんな感じだつた。
以前だつたら満員電車に揺られてゐても、「まあみんな同じ状況なんだからさ」といふ空気があつたやうに思ふ。寝不足なのだらう立つたまま寝てしまつて時折膝がかくんと折れるそんな乗客がゐても、それを表立つてとやかく云ふやうな人はまれだつた。
それが最近はさうでもない。
「お前だけが寝てないわけぢやない」といつた空気に満ちあふれてゐるやうに感じられる。

まああくまでもやつがれがさう感じるといふだけで、昔だつて電車の中で立つたまま寝る人には周囲は冷たかつたし、道行く人もせかせかしてゐたのかもしれない。
でも、「他人がさうあること」への許容が著しく低くなつてゐるやうに感じられて仕方がないのだ。

今回の世界史未履修問題も、さういふところに端を発してゐる気がする。
えうは、「他人はどうでもいい」余裕のなさ。
「他人はどうでもいいから自分にかかはつてほしくない」余裕のなさ。

個人的には世界史より地理や日本史を必修にすべきだとは思ふ。特に世界に出て国際的に活躍する云々といふ時に、世界史よりも日本史を知らない方が問題があると思ふ。「彼を知り己を知れば百戦危うからず」だが、「彼を知り己を知らぬ」場合について孫子は述べてゐない。自分のことは知つてゐて当然だからだらう。自分を知らずしてなんの国際人か。
といふやうな論議がもつとあつてもいいのに、あまりない。残念である。

もとい。

えうするに、世界史はどうでもいいわけだ。他人のこと他所の国のことなんて、過去のことなんて、どーでもいい。とりあへず受験は受けやすい科目で受けるから(これは戦術的に正しい)、あとの科目は当面どうでもいい。

でも、そのどうでもいい科目をあとで学ぶことはしない。まづしないな。

かういふ時こそ「school」の語源を云々する記事やコラムが出て来ないかなあと思つたりするのだが、昨今はこれももう流行らないらしい。
余裕がないからだ。
さうにちがひあるまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 27 October 2006

とか書いてた(BlogPet)

ほんとうは、雅亮は
今日はネットで広い以前と、職場を去るだといふのに以前はない以前は職場と以前な.
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちゃっくん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 20 October 2006

以前もお世話になつた職場だから(BlogPet)

ちゃっくんは、blogすればよかった?


今日で今の職場を去る。
だといふのに感慨はない。
以前もお世話になつた職場だから.



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちゃっくん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 13 October 2006

今日はつた職場など言ったよ(BlogPet)

今日はネットで広い感慨と、職場を去る
だといふのに感慨はない
以前は職場と感慨などをお世話すればよかった?
今日はつた職場など言ったよ
と、ちゃっくんが考えたの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちゃっくん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 12 October 2006

うすい……

あらためて思ふ。
新品はうすいなー、ほぼ日手帳。

といふわけで、今日ほぼ日手帳2007が届いた。カヴァはプリントブルーブラックストライプ。ほかに下敷きと付箋。
下敷きは賛否両論あるやうだが、最初に買つた時についてきて、結構便利に使つてゐたので購入を決意した。今使つてゐるのはちよつとくたびれてきてゐるからだ。ほぼ日手帳のカヴァにはいろいろつめこみがちなため、下敷きはあると重宝する。
付箋は迷つた。もともと付箋は好きぢやないからだ。しかし、うまく使へば便利だらうなあとは思つてゐる。ちなみに「超」整理手帳(来年版は購入済)にはこだはることなく付箋を使つてゐる。どうも「privateなもの」には好きぢやないものは使ひたくないらしい。Newton MessagePadを使用してゐた時も気に入らない仕事に関することは書き込みたくなかつた。意味ないぢやん、と云ふなかれ。これもまた愛の形なのである。なんちて。ちなみにPalmにはこれまたまつたく抵抗なくどんな仕事のことも入力してきた。「private」ではあるけれども「practical」なものにはあまりこだはりを抱かないらしい。

もとい。

プリントカヴァは確かに多少の皺があるやうには見受けられるが、やつがれのものは気になるほどではない。触つた感じはさらりとしてゐて無地のカヴァより気持ちいいかも。上にカヴァ・オン・カヴァをかぶせてみたが、このカヴァ・オン・カヴァ、以前よりよくなつてゐるんぢやなからうか。うすくやはらかくなつてゐるやうに思ふが、これは気のせゐか。カヴァ・オン・カヴァをかぶせると外のポケットが使へなくなつてしまふのでどうしやうか悩みどころなのだが、ひとまづはかぶせてみる。
どうしても今使つてゐる皮のカヴァとくらべてしまふが……うーん、普段使ふなら化繊のカヴァの方がいいかも? それに黒地のカヴァなので仕事の席でも問題なく使へると思ふ。

さ〜て、なにを書き付けていくかなあ。結局また「日誌」になつてしまふのだらうなあとは思ふけれども、それもまた「自分エンタテインメント」になつてゐるからいいのだ。

さういへば「ほぼ日手帳の秘密」は2007年版が出版されるとか。
こちらもちよつと楽しみである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いよいよ

出荷のお知らせが届いた。
もうすぐ我が手に「粋な縞模様」が……。

といふわけで、明日明後日くらゐにはほぼ日手帳2007ブルーブラックストライプが届く予定。
うーん、楽しみだなー。

早く12月にならないだらうか。

プリント柄は出荷が遅れるかもと聞いてゐたが、案外早かつたな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, 06 October 2006

とか書いてみるの♪(BlogPet)

今日、訃報をBLOGしたい?
今日ネットで多い吉田玉男についてはなんとな.
とか書いてみるの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ちゃっくん」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, 05 October 2006

平常心

やはり職場をうつつたばかりで平常心を忘れてゐたのだらうか。
月火水と筆箱を持つて行かなかつた。

なにを隠さうやつがれの筆箱は異様に重たい。できる限り筆記用具がつまつてゐる。
それとは別に萬年筆用のペンケースがあつたりするので、ちよつと見には異様である。いや、よく見ても異様か。

ここのところ職場の引越しで、元々すぐに異動する流浪の民あるいはボヘミアンなのであまり職場に私物はおいてゐないつもりだつたが、三日間にわたつてかなりな荷物を持ちかえることになつてしまつた。
それと月曜日から帰りの電車が異様に混むことになつて、妙に腰が痛かつた。
それで荷物はできる限りへらしてゐた。筆箱も持ち歩いてゐなかつた。

しかし。
この筆箱の中にはサファリのMなんかが入つてるんだよなあ。サファリのM、太くてインキフローもよく、裏紙にメモやらなにやらを書き記すのにとても具合がいいのである。
今日持つていつて、あらためて「ああ、やつぱりいいなあ」と思ひながら新たな仕事に関するメモをつらつらと書き連ねてみた。
また、別にしてゐた長刀研ぎ(「極黒」を入れてゐる方)もこの三日間おいてゐたのだけれども、今日は持つていつて、同じやうにつるつるとああでもないかうでもないと書いてみた。

頭が悪いからだらうか、紙に文字にして書き出すとなんとなくすつきりした気持ちがする。

自分の気に入つた道具を使ふのが楽しいだけ、といふ気もするがね。
ペリカーノJr.なんかも好きで好きで仕方がなかつたりする。やつがれのは前のモデル。穴があいてるけど、がんがん使へばいいかなつて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Tuesday, 03 October 2006

とりしまればいいのか

ゴミの分別がきびしくなつてゐる。
つて今更なのだが。
これが自治体によつていろいろちがふといふのがまた混乱の元で。
たとへば千葉や埼玉に住んでゐるが職場は東京。しかも自分の会社はA区にあるが客先がB区とかになると、三カ所の分別方法を覚える必要がある。

そのせゐだらうか、昨日から通ふことになつた新たな職場の御手水場には「分別するのが面倒だつたんだらうなあ」といふやうなゴミが捨てられてゐたりする。外部の人間や客が多く来るのである。

「規制しやう」「きびしくとりしまらう」といふ手法は、小学生だつて考へつく。学級会を見てみればわかる。「誰某くんは廊下の左側を走つてゐました」「今度から廊下の右側を歩かない人にはペナルティをつけて、その人の所属する班全員に廊下を掃除してもらひませう」つてなことは、容易に思ひつくのである。

さて、世の中の県知事だの都知事だの市長だの区長だのといふ人々はそれなりの給与をもらつてゐる。給与の出元は税金だ。あるいは役人である。よく「民間並みの給与体系に」なんぞと云はれることから彼らへの手当は厚いことがわかる。その出元も税金だ。

他人にまさる稼ぎを税金から得てゐる人々の考えることが「ゴミはこまかく分別するやうにすればいい」だ。
あのねえ、そんなの小学生だつて考へつくの。
なんで税金から給与を受け取つてゐるのか、その意味を考へたことがあるのかね。
ないんだらうなあ。あつたら「ゴミはこまかく分別するやうにすればいい」なんて安直な解決方法にたどりつくわけがない。

ゴミの分別方法がむづかしくなつたせゐで、捨てられない人が出てくる。
たとへばやつがれの職場でトイレのゴミ箱に本来分別するべきゴミが捨ててあるやうな状態だ。
あるいは分別方法がむづかしくなり、またゴミ袋に記名して捨てるやうなことになつて、よそのゴミ捨て場にゴミを捨てに行く輩も出てくる。
さういふことへの対処はなにも考へずに、ただ「ゴミはこまかく分別するやうにすればいい」だ。問題が起これば「分別できない人が悪い」「悪いことをする人がいかん」と云ふだけだらう。
頭が悪過ぎる。

それで仕事をしてる気になつてゐるんだらうなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, 02 October 2006

スケジューリングをどうするか

本日から新たな職場へ。
したところ、職掌がだいぶかはつてしまつた。
今まではわりと「自分ひとりだけなんとかなればいい」といつたところがあつた。無論、一緒に働いてゐる人の進捗もかかはつてこないわけではないが、自分ひとりの面倒を見てゐればよかつたわけだ。

それが、どうやらさういふわけにもいかなくなるらしい。
うーん、ひとりの方がいいんだけどな。遊撃部隊みたやうな感じで。
きつと上の人に見る目がないんだな。

さうすると、予定表に記入する内容もかはつてくるやうな気がする。
自分だけどうにかなればいいわけではない。
かといつて他人の予定まで事細かに記入するのも妙だ。
いはゆるmilestoneといふものだけ、自分のものと他人のもの、そして全体のものがわかるやうに記入していく必要がある気がする。

と、ここまでは考へつくわけだが。
んー、どうしたものかのう。

ちなみに職場でもちやんとスケジュール表はあるのだが、これが巨大で実に見づらい。
むう。どーしたもんだろ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, 01 October 2006

訃報

ここのところ知つてゐる有名人の訃報を聞くことが多い。
吉田玉男についてはなんとなく覚悟はしてゐたけれど、その他は50代だつたりして、「……早過ぎる」とつぶやくばかりである。

ほんたうに。早過ぎるよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »