« 危険な番組 | Main | それで思ひ出した »

Sunday, 13 August 2006

AT車の謎

オートマチック車にはほとんど乗つたことがない。
運転席も助手席・後部座席も含めての話である。
今は自動車を所有してゐないのでそもそも自動車に乗る機会がすくない。

そんなやつがれだが、すこし前から気になつてゐたことがある。
ブレーキをやたらと踏む車が案外多いことだ。

教習所では、ブレーキに頼りすぎないやうにと教はると思ふ。すくなくともやつがれはさう教はつた。
♯といふ書き方からわかるかも知れないが、やつがれは教習所で
♯習つたことは(覚えてゐるかぎり)守る性質である。
♯ゆゑに自動車に乗るのをやめた、といふ話もある。
♯危険だからだ。

急ブレーキは避けるべきで、ブレーキの基本はポンピングとエンジンブレーキ。
停止する時はあくまでゆるやかに止まる。
坂をくだる時はギアを低速に落としてエンジンブレーキを利用する。

さう習つたはずなのだが、しかし目の前を走つてゐる車は四六時中ブレーキを踏んだりはなしたりしてゐる。ブレーキランプの点滅がそれを告げてゐる。
しかもランプはポンピングブレーキを使用してゐるにしてはあまりに長いことつきつぱなしだつたりする。

昨日話してゐて、どうもそれはAT車にしか乗つたことのない人(あるいはAT限定免許取得者)に見られる現象らしいといふことをはじめて知つた。

AT車にも低速ギアにあたるものはある。実際普段マニュアル車を運転してゐる人がAT車に乗ると、下り坂でギアを入れかへたりするものだ。
しかし、AT車にしか乗つたことのない人には、まづギアを「D」に入れつぱなしのまま運転する人が多いのではないか、といふのだ。

確かに、教習所に通つてゐた当時、AT車はマニュアル車に比べてエンジンブレーキがききにくいといふ話を聞き、実際に試す機会もあつたやうに思ふ。
AT車を運転する場合は常にアクセルかブレーキを踏みつぱなしにする人がゐてもあまりふしぎではない。

その一方で、ブレーキの踏み過ぎは結句ブレーキのきかなくなる状況を招くので気をつけるやうに、といふことも教習所では教へるはずだ。

おそらく、教習所に足りないのは「AT車はエンジンブレーキのききが悪い」と「ブレーキの踏み過ぎはパッドの摩滅やブレーキの焼きつきを招くので気をつけやう」といふふたつの状態をつなぐ情報なのではないか。
結論として「ポンピングブレーキを使ひませう」といふてもエンジンブレーキのききが悪いんぢやあねえ。

やつがれの予想では、世の技術といふものは日進月歩なので、やつがれが教習所に通つてゐたころよりはAT車のエンジンブレーキのききも相当よくなつてゐるはずなのだが。
ちがふのかなあ。

ま、しかしさういふブレーキを踏みすぎる車には山には行つてほしくないよな。
もひとつま、やつがれ、山には滅多に行かないのでかまはないけど。

|

« 危険な番組 | Main | それで思ひ出した »

Comments

私もその車(ブレーキランプのやたらつく車)を見たことがあります。
気になってディーラーで聞いたみたところ、「左足でブレーキペダルを踏んでる(または足を乗せている)のでは」ということでした。
私も左足でブレーキペダルに足を乗せてみましたが、やはり違和感を感じました。
AT限定が出来る前ですので、「左足はクラッチ」と習いましたので。

Posted by: あしやん | Sunday, 13 August 2006 15:47

本当に最近、ブレーキランプがやたらと点いている車が多いと思います。
すぐ後ろにいる時は「ブレーキは、事故と渋滞の原因なんだぞー!」と悪態をつきながら、ブレーキをなるべくギリギリまで我慢します……。
>あしやんさん
やっぱり、アクセルもブレーキも右足が担当ですよね。

Posted by: Riko | Monday, 14 August 2006 01:26

そうですね。少なくとも私は右足です。
AT限定が出来る前に免許を取得していますから。
左足は「クラッチ」です。
でも、車はATです。理由は「半クラ」が苦手だからです。

Posted by: あしやん | Monday, 14 August 2006 02:03

あしやんさん
「ブレーキベダルに足を乗せっぱなし」はまったく思いつきませんでした。思わず「なるほど」とうなってしまいました。半クラッチは私も苦手でした。当時住んでいたところはほとんど平地ばかりだったのでなんとかなっていました。

Rikoさん
「事故と渋滞の原因」。ええ。まさに。実は最初のこれに気がついたころは「……いやがらせ?」と思ったりもしたものです。

Posted by: 雅亮 | Monday, 14 August 2006 21:59

ブレーキの多い車、いますね。マナーの悪い車も。私も運転中に悪態をついてます。私の運転技術は全然ですけど。(^^;
2年前、MTにこだわっていたのにATになってしまいました。納車の日、試運転をしたのですが、お店の人が言ったのは、「ポンピングブレーキしなくてもいいよ」でした!?理由は忘れましたm(_ _)mそれからはしなくなりました。もう一つ、MTからATになって変わったことは、ブレーキを踏んで減速することが多くなりました。前はギアチェンジすれば出来ていた減速がブレーキを踏まないと車が止まりません。「MTはクラッチとアクセルで運転したのに、ATはブレーキで運転しているみたいだ」とそんなことを友達の運転上手なM香子さんに話したところ、うなづいてくれました。
経済的に余裕が出来たら(!?)、またMT車に戻れるでしょうか。。。

Posted by: PIRA | Tuesday, 15 August 2006 15:10

ポンピングブレーキが不要というのは、ABS装置がついているからなのでは?でも、後続車に停止をわかりやすくするため、とか、静かにウツクシク止まるため、には、今でも有効と思うのですが。
そうはいっても私もAT車に乗っています……。

Posted by: Riko | Wednesday, 16 August 2006 01:01

PIRAさん
そ、そうなんですかっっ。ポンピングブレーキはしなくていいよって教わるんですね? AT車の方が高価なイメージがありましたが、今は逆なのでしょうか。時代に取残されているわたくしです。

Rikoさん
ということはAT車に乗っていてもポンピングブレーキをしているんですね。ブレーキランプの付き方を見る限り、ポンピングブレーキをする人って減ってるのかもしれませんね。

Posted by: 雅亮 | Wednesday, 16 August 2006 12:24

しています。多分していると思います。してるんじゃないかな……。

Posted by: Riko | Thursday, 17 August 2006 23:37

まあちょっと覚悟はしておきますか(^_^;)。

Posted by: 雅亮 | Friday, 18 August 2006 23:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference AT車の謎:

« 危険な番組 | Main | それで思ひ出した »