« ラジオ語学講座 | Main | ノートの取り方 »

Sunday, 23 October 2005

ボビーに学びたい

ヴァレンタイン監督の勝利インタヴューを聞いてゐるとつくづく、
「めりけんの人だなあ」
と思ふ。

なんたつて褒めるのがうまいんだ。
味方の選手はもちろん、敵のこともちやんと褒める。
しかもあの笑顔である。

まあ、もちろん負けた相手を褒めることで実は自身のことをもちあげてゐる、といふ見方もあるわけだが。
しかし、なんてーの、スポーツつてさういふんぢやないの。
相手の力量を認めあつた上で戦ふつてところが喧嘩や戦争とちがふんぢやないのかなあ。
ま、これは勝手な意見だが。

今夜、お立ち台に立つ今江の話を聞いてゐて、
「監督がああだと選手も見習ふもんなんだなあ」
と、思つた。
まあ今江の受け答へはまだぎこちないけれど、いいぢやんいいぢやん。
まるで大リーガみたやうぢやん。

さう、イチロー、松井、井口といつたメジャーリーグで活躍する選手が「似而非」つぽく見えるのつてかういふ時なんだよな。
まあ井口はまだ慣れないのかもしれないが、イチロー。時々大リーガにしてはあまりにも安つぽく見えるのは、「相手のチームや相手チームの選手を褒め称へる」ことばがチト足りないからだと思ふ。

大リーガのインタヴューとか聞いて御覧。
もうとんでもなく相手のチームや相手チームの選手を褒めてるから。

時折横綱の資質とかが云々されるが、さういふ横綱に足りないのもかういふ点なんぢやなからうか。
そんな気のする秋のゆふぐれ。

|

« ラジオ語学講座 | Main | ノートの取り方 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ボビーに学びたい:

« ラジオ語学講座 | Main | ノートの取り方 »