« 愛を試される時(BlogPet) | Main | 三ヶ月 »

Friday, 23 September 2005

どこまで行くのか「にほんごであそぼ」

しばらく見てなかつたので知らなかつたのだが。
いきなり咲甫太夫が出て来てびつくりの「にほんごであそぼ」。
しかも語るは「菅原伝授手習鑑」の「寺子屋の段」、「寺入り」直後のあたりである。
涎くりが「師匠がゐないのに清書きするのはアホらしい」といたづらがきをしてみせる。ここまでは咲甫太夫が語り、この後師匠夫婦の息子実ハ菅丞相の若君が「一日に一字学べば一年に三百六十字の教へ」云々と説教する場面はこどもが語る。

うーん、いいぞ。
やつぱり義太夫はいいねえ。
なんかほかのもやつてくれないか知らん。
ほかのつて……なにがいいか知らん。
心中ものはお子さま向け教育番組ではまづい?
でも「この世の名残 夜も名残」とかいいよね。
「夢の夢こそあはれなれ」ぢやよ。最高ぢやよ。

……つてもう放映された?

|

« 愛を試される時(BlogPet) | Main | 三ヶ月 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference どこまで行くのか「にほんごであそぼ」:

« 愛を試される時(BlogPet) | Main | 三ヶ月 »