« 緑の誘惑 | Main | 楽聖(BlogPet) »

Saturday, 02 July 2005

筆圧と人格

ところで。
もう数年の付き合ひになる萬年筆が手元にある。
店頭で試し書きをしたところ、「……萬年筆つてこんなに書きやすいものだつたんだ」と妙に感激して購入したのがモンブランのマイスターシュテック・オマージュ・ア・ショパン。
多分たまたま飾られてゐて、たまたま「よし、萬年筆を買ふぞ」といふ気概高まり、たまたま懐もあたたかかつたのだらう。

そんなわけでずつと使ひ続けてゐるのだが。

まあ、なんだ、えうは「猫に小判」「豚に真珠」の類なんだらうなあ、と思ふ。

昨日のエントリで「やはらかい書き味がした」といふのはこの萬年筆のことである。
今まで気がつかなかつたのかつて?
さう、そのとほり。まつたく気がつかなかつた。
だつて使ひはじめたころからすらすらと書きやすかつたからさ。
#云ひわけになりません。

もともとほとんど筆圧をかけずに字を書く方であることも原因のひとつなんだらう。
昨日、お店の人が試し書きをしてゐるところを見てゐたら、結構力をのせてしつかりとした字を書いてゐた。
やつぱり字つてああいふ風に書くものか知らん。

ひよつとしてやつがれがのほほんでとほほんでダメダメなのは筆圧が弱いせゐ?

……反論したいが反証が見つからん。とほほ。

|

« 緑の誘惑 | Main | 楽聖(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/4939387

Listed below are links to weblogs that reference 筆圧と人格:

« 緑の誘惑 | Main | 楽聖(BlogPet) »