« 編みたい気持ちはやまやまなれど | Main | 充電と補充 »

Thursday, 02 June 2005

Knit Addict

Clapotis を仕上げた。

「おしゃれ工房」のシェットランドレースに挑戦するも三度ほどほどいて今回のところはあきらめることにした。
パピーの2Plyで試し編みのつもりだからいいんだけど。
それにしても、あちこちの weblog を見るに、「おしゃれ工房」のテキストとほりの編み方ではなく、ふち編みから編みはじめてゐる方が多いやうなのがまた気になつたり。
さうだよなあ、後から目を拾ふのつて面倒くさいよなあ、とこれまたちよつと思つたり。

なんで三度もほどくことになつたのか、といふと、やはり数が数へられないからだらう。とほほ。
調子悪いからなあ。なんかふつと意識が遠のくことがある。いかんいかん。

そんなわけで。
ぼんやりしてゐても編めるもの、といふことで、結局パピーのコットンコナであじろ編みのヴェストを編み始めることにした。ひたすらガーター編みだし。
しかし編地が思つたより「てろん」とするなあ。仕方ないのだらうか。ほんたうはまちつと「かつちり」した感じがいいんだが。夏糸それも綿でそれはむづかしいだらうか。いつそのことアフガン編みだといいのかなあ。

などと思ひつつ、編み始めるととまらない。これがドミノ編みやあじろ編みといひ白樺編みといひバスケット編みといふ編み方の特徴のやうな気がする。

いや、基本的にあみものといふのははじめてしまふとなかなか終はれないもののやうだ。
あと一段あと一目、いやいやあと一模様、と思ひながらやめられないのである。

危険極まりない。それがあみものである。

|

« 編みたい気持ちはやまやまなれど | Main | 充電と補充 »

Comments

はじめまして
シェットランドレースの編み方はいくつかあるようですが、おしゃれ工房のはどういう編み方ですか? 私がいくつか持っている本はエッジを編んで角を曲がってから目を拾って、今度はセンターとエッジを同時に編んでいく方法になっています。
私はあとからはぐのが苦手です。

Posted by: かべねこ | Wednesday, 22 June 2005 at 22:20

かべねこ様
コメント、ありがとうございます。
おしゃれ工房のシェットランドレースはセンターパネル(というのでしょうか)部分から編み始めます。この時に、別糸をくさり編みにしてそこから目を拾い、後でほどいてエッジを編むようになっています。両脇のエッジも後から編み付けています。
かべねこさんの編み方が一般的のようにお見受けします。実際その方が楽なんじゃないかな、と、思うんですが。
あの細い糸で編んで後からはぐのって大変ですよねえ。

Posted by: 雅亮 | Thursday, 23 June 2005 at 01:24

雅亮さま

こんにちは。作り始めて思ったのですが、やっぱりセンターを先に編んでからあとで、縁を編みながら付けた方がよいと思います。 縁編みの図案、センターの図案をつきあわせ、しかしすぐに迷子となり、挙げ句の果てにはExcelで大きな図案を書く羽目となりました。

しかし、そのような苦労はおくびにも出さず、涼しい顔をして仕上げたいと思っています。

Posted by: Candy | Friday, 24 June 2005 at 13:22

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/4482681

Listed below are links to weblogs that reference Knit Addict:

« 編みたい気持ちはやまやまなれど | Main | 充電と補充 »