« 同志発見 | Main | 両手が使へれば »

Wednesday, 18 May 2005

腱鞘炎その後

Cul-de-Sac は肩をはいだ。あまりきれいにできなくて何度かやりなほしたが……うーん、これが限界かなあ。

この後、襟ぐりに沿つて縄編みをする必要があるので、それが終はつた段階で一度洗ふやうである。Rowan Denim で編んだ地は縦に縮むといふから、襟とはぐ前に洗つた方がよからうといふ判断だ。

さて、腱鞘炎(?)だが。
次はリネンシルクでドミノ編みかコットンコナであじろ編み(または白樺編みともバスケット編みとも)の予定なのだが、編み方その他をつめてゐる時間がない。
そこでいきぽいダイヤミュゼファインの Clapotis を編んだりしてゐるのだが。
裏メリヤス編みをしても、左手の人差し指がそんなに痛くないのである。
注意して見てゐると、Denim を編んでゐた時に比べて左手自体の動きがかなり小さい。ほとんど動かさなくても編めてゐる。
どうやら毛糸の伸縮性のおかげで動きが最小限になるやうだ。
Denim は綿の糸だし、それにきつめに編まなければといふ意識が働いて左手の動きにムリが出たものと思はれる。

この調子で少し裏メリヤス編みの練習がてら Clapotis を編み進めるつもり。
まあできあがつても使ふのは秋以降だらうしね。

ところで、ドロップスピンドルの本を注文してしまつた……。
紡ぎはやらないつもりだつたのに。
でもでもでも、ドロップスピンドルは慣れれば歩き乍らでも紡げるつて聞いたからさー……。

|

« 同志発見 | Main | 両手が使へれば »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/4187194

Listed below are links to weblogs that reference 腱鞘炎その後:

« 同志発見 | Main | 両手が使へれば »