« イメルダな気分 | Main | 東京がらがら »

Wednesday, 04 May 2005

お道具

今日のほぼ日手帳の一言欄はイチローのことばである。
「グラブを磨くことで、グラブに対する気持ちが芽生えてきます」
と、イチローは語つた。らしい。

これ、なんとなくわかるんだなあ。
たとへばいつもいつも書いてゐるタティング・レースのシャトル。
お気に入りの黒檀のシャトルは手作りで、手にするたびにひんやりすべすべして大変気持ちよく、また使ひ勝手もすばらしい。
作つてくれたのは、sidebar にもリンクのある GR-8 Shuttles の Shuttlebrothers の片割れさんだが、彼に対する感謝の気持ちが自然と湧いてくる。
タティングをしてゐると。

また、クロバーの「匠」といふ編み針。
ちいとお値段が張るのだが、これがまたすばらしい編み針である。
これを使つたらほかの針はちよつと使へないよ、といふくらゐ編みやすい。
こちらは大量生産ではあるけれども、素材の選択や針としてのデザイン、またここに到達するまでのことを考へると、脳内プロジェクトX状態になつて、クロバーの人々に感謝せずにはゐられない。

そして数々の糸。毛糸もレース糸もなにもかも。

なんぞと云ひながら、実はやつがれあまりお道具を大事にする方ではない。
結構ぞんざいに扱つてしまつて「あっっ」と思ふことばかりである。

思へば、現在愛用してゐる iBook も ThinkPad も Tungsten | C も Treo 650 も数々の人々の手を経て生まれて来たものなのだなあ。
と、また脳内プロジェクトX状態に。

時々、いろいろと磨いてみるといいのかもしれない。

そんな気のする秋のゆふぐれ。

|

« イメルダな気分 | Main | 東京がらがら »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference お道具:

« イメルダな気分 | Main | 東京がらがら »