« 大きなひとりごと | Main | アナクロにもほどがある »

Sunday, 24 April 2005

レース日和

レース作り日和である。
いや、まぁそんな日があるとして。
外はからりと晴れてゐて、窓から入つてくる風はさはやか。カーテンの裾はふはふはと風に揺れてゐる。

なんともレース作りにふさはしい。

そんなわけで早速セルティックタティングを試してみた。
Celtic Tatting Motif with Shuttle Celtic
#別に「セルのやうなタティング」ではない。ことはるまでもないか。
#ここでいふ「セル」とは勿論「ドラゴンボール」に出てくるアレ。
#つてこれもことはるまでもないか。

使用した糸はアンカーのMulticolour。10番手だが、案外タティングしやすい。糸が太いので、結び目がはつきりくつきり出ておもしろい。以前は細い糸を使ふことが多かつたが、最近はそれほどでもなくなつた。結び目がある程度見える方がタティングレースらしさが出るやうな気がするし。

こちらはDMCのCebelia40番で作つてゐるもの。"Tatting with Visual Patterns" に出てゐるPatchworkといふモチーフをつないでゐる。どこまでつなぐかまだ決めてゐない。
Patchwork motifs

さらにこちらはそのPatchworkをつないだものと、セルティックタティングのモチーフ、さらにクロバーのシャトル、GR-8の黒檀のシャトル、それとタティングシャトルセルティックである。クロバーのシャトルは大きさの比較用。
GR-8シャトルは厚みはあるけれども長さはクロバーのシャトルとそんなにかはらない。そのためか使つてゐても然程違和感はない。
タティングシャトルセルティックの方はかなり薄いが若干長い。この長さが意外と重要で、慣れるのに時間が必要だ。さらにあはせがかたいので、少し調節する必要もある。
使ひ心地は、なんだかお上品。薄いからかな。
Patchwork motifs and a Celtic Tatting Motif with Shuttles

|

« 大きなひとりごと | Main | アナクロにもほどがある »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レース日和:

« 大きなひとりごと | Main | アナクロにもほどがある »