« 新年度の講座(BlogPet) | Main | Treo 650 で撮影 »

Tuesday, 19 April 2005

なまけものの PDA

さういへば、まだHotSynch中に落ちたことはない。
Treo650自体の状態もその後安定してゐる。POBoxDAも快適に使用してゐて、OptionキーまたはShiftキーを押した直後に画面を閉じるやうな真似さへしなければ、リセットのかかることもない。

所以は、やはりあまり手をかけてゐないせゐなんぢやないかと思ふ。

Palm使ひの風上にもおけないといふ向きもあらうが、やつがれ、自分のPalm機をそんなにいぢらない。
毎日のやうに使つてはゐるが、もともとの機器に然程手をくはへてゐないといふことだ。

たとへばハードボタンである。
大抵のPalm使ひの方々は、Palmwareを入れてボタンの操作だけで各種アプリケーションを呼び出せるやうカスタマイズしてゐるやうだ。といふよりは、Palm関連のweblogを読むと、かうしたカスタマイズをしてゐない人はゐないんぢやなからうかとさへ思ふ。

実際、過去にさうしたPalmwareを使つてゐたこともある。その時は、大変便利だと思つた。だが使ひ続けるところまではいかなかつたやうだ。
頻繁に利用するPalmwareが然程ないこと、そしてそんなにしよつ中使ふわけではないものはHomeから呼び出せば足りること。これが主な理由である。

この傾向はTungsten Cを使ふやうになつてますます顕著になつた。キーボードのおかげである。
そして、Homeも標準のものを使つてゐる。

こんな人間がどのやうにPalm機を使つてゐるか、なんてなことははつきりいつてどうでもいいことなのだと思ふ。

なにか特殊なことをした時、あるいは障害に直面した時、さういふ時の情報をこそ人は求めるものだからだ。

ま、いづれにしてもやつがれがTreo650と楽しく暮してゐるといふ事実はかへやうがない。

|

« 新年度の講座(BlogPet) | Main | Treo 650 で撮影 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なまけものの PDA:

« 新年度の講座(BlogPet) | Main | Treo 650 で撮影 »