« 萬年筆を見て書ける | Main | 待ち時間に編み編み »

Thursday, 31 March 2005

POBox と楽しい入力

POBox を入れてから断然入力が楽しくなつた。「楽になつた」といふ感じは実はあまりない。実際は相当楽になってゐるのだらうとは思ふが、人間楽な環境に慣れるのは早いといふことだらう。
たとへばこのかな遣ひである。以前はこのかな遣ひで入力するのにかなり難儀してゐた。PC ではある程度FEPに学習機能があるので最近ではさほど考へずに打てるやうになつたが、Tungsten|C だとやはりむづかしいことが多い。
それが POBox のおかげでだいぶ楽になつたやうに思ふ。
ただし「思ふ」のやうに「おもう→思う→「う」を削除→ふ」なんてな入力をしてゐるので結構妙な候補が残つてしまふのが難点かもしれない。
まあそれはこのかな遣ひをしてゐる以上、仕方がないのかなとも思ふ。
昔は普通に入力して sed なんかを使つて変換をかけたこともあつた。でもそれはやつがれのしたいこととはちがつた。
可能な限り、このかな遣ひで打ちたいのである。手で字を書くやうに打ちたい。

Palm 使ひの中にはかういふ欲求を持つたユーザはそんなにゐないのであらうと思ふ。いや、Palm 使ひに限らない。世の大勢は我が欲求と相容れない。
……なんだか大層なことのやうに書いてしまつたが、別段やつがれはそんなおほごとだとは思つてゐない。えうはたまたま少数派に属してしまつたといふだけのことだ。そして、幼い頃からさうしたことには慣れてゐる。

それはさておき。
そんなわけで、このエントリもほとんどは Tungsten|C で打つた。時間は多少かかるが、入力が楽しい。POBox はそんな入力支援ソフトである。

|

« 萬年筆を見て書ける | Main | 待ち時間に編み編み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference POBox と楽しい入力:

« 萬年筆を見て書ける | Main | 待ち時間に編み編み »