« ほめて育てるといふこと | Main | 眠りたい病 »

Wednesday, 05 January 2005

その後のほぼ日手帳

正月一日からほぼ日手帳を使つてゐる。
昨年のうちにタティングレースのモチーフなんぞをカバー・オン・カバーにはさみこんで「自分の手帳」感を高めたのがよかつたのだらう。開いて書き込むのが楽しみで仕方がない。
まだ使ひはじめたばかりだから開いて読むのが楽しみ、といふところまではいかないが、半年もすれば読み返す楽しみも出てくるだらう。

使ひ方は今のところ以下のとほりである。
・予定は月間予定欄に書き込む
・朝起きた時間をその日のページの時刻欄に書き込む
・職場に着いたらその日のページに ToDo を書き込む
・時刻欄の横を日記代はりに使ふ
・夜就寝時間をその日のページの時刻欄に書き込む

ToDo は思ひついたらその場でも書いてゐる。だいたい朝は早めに職場に着くので、主に朝書くことが多い。午前中は頭がぼ〜つとしがちなのでちやうどいいかもしれない。

ところでほぼ日手帳、開いて手のひらにおいたときの感じがとてもいい。やつがれは相当手の小さい方なのだが、持つた時に安定感がある。
たまんないね。

ちなみに……かういふこと、書くと反感買ふのか知らん……起床時間等は普通にその時手元にある萬年筆で書き込んで、日誌欄はペリカーノフューチャーで書いてゐる。やつがれのペリカーノフューチャーは書き味がちよつとかたいので細かく書くのに向いてゐるからだ。月間予定欄は手帳についてきたボールペンで書く。

人間後ろ向きに出来てゐるからだらう、日記として使用できるといふあたりが気に入つた理由かもしれない。

その他、あひかはらず「超」整理手帳も使つてゐるし、QuoVadisも使つてゐる。最近、「超」整理手帳と QuoVadis の地位が自分の中で入れ替はりつつある。
でも A4 用紙をコンパクトに持ち歩けるといふので「超」整理手帳は手放せないのだが。
ま、それは次回の講釈で。

|

« ほめて育てるといふこと | Main | 眠りたい病 »

Comments

明けましておめでたうござひます
いや『普通』に使ってれば大丈夫っすよ

わたいみたいに
『ひゃっほらんらんひゃっほらんらん』
と浮かれて使っているとたしなめられてしまいますが(恥)

なお、僕は手帳用には
ブルーブラックのウォーターマンクルトゥールを使ってます
ペン先が硬くて細字を書くのに良いもので

Posted by: 章仁(pocketbook) | Friday, 07 January 2005 at 13:39

章仁さま
あああ、すみません、わざわざっっ。
書き方が悪うございました。
申し訳ありません。

普段は雅亮、「にまにま」使ってます。そこんとこがうまく書けないのが歯がゆいです。

ウォーターマンクルトゥール、お使いなんですね。いいですよね。手持ちのものはだいぶ文字が太くなってきてしまいました。

新年から粗忽でこんなこという義理でもないのですが、本年もよろしくお願い致します。

Posted by: 雅亮 | Saturday, 08 January 2005 at 00:29

いえいえこちらこそ本当に
余計な騒ぎを起こしまして…
万年筆もシェアリング状態でして
最近はたしなめられたせいでもないのですが
モンブランは企画書の最後のサイン等にしか使っていません
ウォーターマンが一番活躍しているかも
また、パーカーはペン先が太いので手紙の宛名書きに活躍中です
インク色が微妙に違うのも楽しいですね
もちろん自分自身にしかわからない楽しみですが

という事で今後もよろしくお願いします

Posted by: 章仁(pocketbook) | Saturday, 08 January 2005 at 00:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/2494452

Listed below are links to weblogs that reference その後のほぼ日手帳:

« ほめて育てるといふこと | Main | 眠りたい病 »