« 六十年 | Main | 走れメルス »

Friday, 28 January 2005

あみくるめあみぐるみ

火曜日は「毛糸だま」の発売日であつた。
発売日当日に手にしてはゐたのだが。

うーん、なぜか編み気をそそられる作品がない。
新作糸にもそれほど食指を動かすやうなものがない。

思ふに。
もう少しこー着るもの以外の作品があつたらどうなのかなあ、といふ気がする。
有態にいへば小物がも少し載つてゐるといいんぢやないかなあ。
帽子とかかばんとか、これからの季節はちよいとアレかもしれないがスカーフみたやうなマフラとか手袋とか。
そしてくつ下とか。

春号はどうも着るものに偏つてゐるやうで、「それだけ大作になつちやふと手が出ないよ」といふのが多いやうに思ふのである。

まあ「大作に手が出ない」やつがれのやうな軟弱者は「毛糸だま」を購入してはいけないといふことなのかもしれない。大人しく季節になると出るこもの専用のあみものの本を待て、といふことなのだらう。

それにしても最近またぞろあみぐるみに心惹かれたりしてゐる。
「あみねこのいる生活」が出たからかもしれない。

「あみねこのいる生活」はねこやまさんの Webページにずつと紹介されてゐた、ご自身で編んだかぎ針編みのあみぐるみの猫に関する本、だと思ふ(^_^;)。まだ実物を見てゐないのでなんともいへないが。ねこやまさんの Web ページではご自身で編んだ猫の写真を載せてたり(そして里親を探したり)、編み方を公開してたりする。
なんともくつたりとかはいい猫たちを見たくて通つてゐるのだが、なぜか里親にはなれない。人気があつてすぐ親が決まつてしまふからである。
それぢやあ自分で編まうかとも思つたが、ねこやまさんのやうにいい表情の猫を編む自身がない。

ああ、この本もきつと買つちやふんだらうな、自分で編むとは思へないけれど。

この週末はあみものとチェス関連の洋書も到着する予定である。むむむむむ。

|

« 六十年 | Main | 走れメルス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/2759809

Listed below are links to weblogs that reference あみくるめあみぐるみ:

« 六十年 | Main | 走れメルス »