« 帰宅 | Main | ただ見てゐただけなのに »

Monday, 13 December 2004

新感線のメガネくん

あ、あ、あ、あはあはあは、粟根まことっっっっ。

夕べ、なんとか衛星放送の大河ドラマに間に合つたやつがれの第一声はこれだつた。

メガネはかけてゐないものの、あれはまさしく粟根まこと。
をいをい、最終回でいきなりこの展開はなにごとっっ???

といふわけで。
至福の四十五分間であつた。

古田新太、あひかはらずいいしなあ。野田勝っっ。この勝海舟を厭ふやつがれにここまで入れ揚げさせるとは、憎しも憎しされど会ひたし。つてそれぢやあ碁敵だよ。

それにもう登場をあきらめてゐた栗塚旭は出るし。
なんだか今年の大河ドラマ、異様に視聴者サーヴィスがいいぞ。例年、こんなにサーヴィスよくないぞ。
うーん、余は満足ぢや。

既に書いたが、今回の大河ドラマに対しては妙に「史実とちがふ」「史実無視」といふ批判が多かつたやうに思ふ。
しかし、史実なんぞはどうでもいい。TVドラマなんだぜ。エンターテインメントだよ。史実史実といふのなら、なぜたれも来年の大河ドラマに弁慶が出ることを云々しない。をかしいぢやあないか。

どちらかといへば、たとへば小さい子供が見てゐるやうなら、その親が責任をもつて「これはTVドラマだからね。信じちやいけないよ」くらゐの教育をすべきなのである。史実を知りたければ、あとから学べばよい。

そんなわけで、まあ主役まはりがぬるいのは大河ドラマのお約束、とこれまた既に書いたとほり、そのあたりがダレてしまふのは致し方のないこと。また、おそらくどこぞの上層部がねじこんだのであらう配役にも目をつぶるとして、そのほかについてはやつがれは特に云ふことはない。視聴率? くだらんね。民放ぢやあるまいし。

最終回としては、結構いい出来だつたのではないだらうか。

さて、来年の大河ドラマを見るべきかはたまた見ぬべきか。

|

« 帰宅 | Main | ただ見てゐただけなのに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/2267457

Listed below are links to weblogs that reference 新感線のメガネくん:

« 帰宅 | Main | ただ見てゐただけなのに »