« 嗚呼、リナザウよ、君を泣く | Main | くりくりとまきまきの日々 »

Friday, 12 November 2004

つまりね

フランク・シナトラが苦手である(>_<)。

なぜだらう。ふしぎだ。

と、常々思つてゐたのだが。

大杉正明の英語講座を見てゐて気がついた。
歌ひ方が浪漫的ではないからである。

大杉先生の「いまから出直し英語塾」は毎回見てゐるわけではない。たまたま見た今回は「英語でジャズを歌はう」といふ企画であつた。

番組冒頭で大杉先生が Fly Me to the Moon を歌つてをり、その後、「自分より少しうまい」と紹介してフランク・シナトラが歌ふ同曲が流れたのだが。

うわー、なんか、即物的(>_<)。

Fly Me to the Moon のもともとの題名は番組の中でも言及されてゐたが、In Other Words である。
すなはち、「手を握つてくれ」とか「キスして」とか「愛してる」とかはつきり云ひ出せない人の歌なのである。云へないかはりに「月に連れていつてくれ」とか「心を歌でいつぱいにして」なんぞとなにがなんだかなことを要求する。まあ、「つまりね (In other words)」つて云ひながら結局は云ふわけなんだがね。

なんかフランク・シナトラの歌だと、そこらへんが云ひ出せない人ぢやなくて、はつきり「手をにぎつてほしいの」とか「好きだよ」と云へる人がわざと「月につれてつてほしいの」とか「永遠に歌はせてくれ」とか云つてるやうな感じがするのである。

いや~、やつぱりさ、「云ひ出せないの」といふあたりがこの歌のいいところなんぢやないの、とか思ふわけだよ。ちがうかな? それともやつぱりはつきり云へる人がわざと云つてるつてえのがほんたうなのだらうか。

さういへばこの歌、オリヴァー・ストーン監督の「ウォール街」かなんかの主題歌に使はれてゐたよな。うーん、なるほど。

|

« 嗚呼、リナザウよ、君を泣く | Main | くりくりとまきまきの日々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference つまりね:

» 大杉正明さん [ミステリ通信「みすみす」blog]
 「先生」と呼んだ方がいいかもしれませんが、ご存じですか? 現在、NHK教育の「いまから出直し英語塾」の講師をしている先生です。教育:毎週木曜 午後11時10分... [Read More]

Tracked on Saturday, 18 December 2004 13:09

» 君の瞳に乾杯! [35歳から英語勉強して良いかな?]
昨日再放送の『出直し英語塾』見ました。楽しくて勉強にもなり、観たあとに得した気分になる優れた番組だと思います。まるで、閉店間際のスーパーで最後の半額弁当をゲットしたくらいの、御得感が・・・変な例えでスイマセン。... [Read More]

Tracked on Thursday, 06 October 2005 22:42

« 嗚呼、リナザウよ、君を泣く | Main | くりくりとまきまきの日々 »