« 日本語版 PalmOS 機が待たれる | Main | 奇妙な果実 »

Friday, 15 October 2004

ぢやんぢやんヂャンティ

ここのところ、ほんたうにヂャンティ織にはまつてしまつてゐる。
この忙しいといふのに家に帰つてきてから毎日どんなに少なくても二枚は織つてしまふやうな勢ひである。

本来、やつがれは縫ひ針状の針を使ふ手芸は好かない。苦手なのである。
パッチワークやキルティングなんで論外だし、刺繍もダメだ。繕ひものなんてひどいものである。
唯一、ジェニーさんやおリカの服は縫ふので、なぜかスナップつけだけは手馴れてゐたりするが、それとて「手馴れてゐる」ていどである。決して「すばやくできる」とか「うつくしい仕上がり」とかにはならない。

ヂャンティ織は縫ひ針のお化けみたやうな針で糸をくぐらせて織る。
そこだけ取り出して考へると、絶対やつがれ向きではないのだが、なぜか家に帰つてきて気がつくと織つてゐる。

少し考へてみてわかつた。
針の形状がスウェーデン刺繍針に似てゐるのである。

スウェーデン刺繍は、縫ひ針系が苦手なやつがれが唯一はまつた刺繍である。
なぜなら、縫ひ目が不ぞろひになることを心配しなくていいからだ。
スウェーデン刺繍では専用の刺繍布の目を拾ひながら縫ふ。縫ひ目は自然と布に従ふことになり、糸の引き具合だけを気にすればいいやうになつてゐる。
クロスステッチも同様のはずなのだが、どうもクロスステッチは好きになれなかつた。バッテンの上と下とで糸の引き具合がちがつたりして泣けたからかもしれない。

ヂャンティ織も、基本的にはヂャンティ針と呼ばれる巨大な針で縦糸をすくつたり縦糸にくぐらせたりして織つてゆく。ここでも糸の引き具合だけ気をつければおそらくほぼ問題ないんではなからうか。

ちなみにやつがれ、どうも縦糸の張り方がきついやうなのだが、しかし、仕上がりはその方がぴんとしてきれいな気がする。織機からはづせば毛糸の弾力でふはつとした感じが出るしな。

ひとまづはダイヤボヤージュでどれくらゐ織れるか実験実験。

|

« 日本語版 PalmOS 機が待たれる | Main | 奇妙な果実 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35084/1691606

Listed below are links to weblogs that reference ぢやんぢやんヂャンティ:

« 日本語版 PalmOS 機が待たれる | Main | 奇妙な果実 »