« 初代カラクリ | Main | ぢやんぢやんヂャンティ »

Thursday, 14 October 2004

日本語版 PalmOS 機が待たれる

ローマ字入力で思ひ出したが、キーボード入力にこだはるのは多くの場合、ローマ字入力をする人なのではないかといふ気がちよこつとする。
Blackberry なんかが本邦で使へるやうになつたら絶対買ふのに、といふ人はローマ字入力をするんぢやないかなあ。
#とはいふものの、かな入力者のやつがれもおそらく買ひます(^_^;)。

なぜ本邦でこれだけ携帯電話による電子メイルのやりとりが普及したのか、といふと、これはすでにたれかが云つてゐるかもしれないが、結局日本人には QWERT キーボードでの文字入力は敷居が高いからだ。キーボード入力に慣れた人にはどんなに打ちづらく感じても、あの携帯電話のボタンによる入力やいはゆるポケットベル式の入力の方がほとんどの人には親しみやすいのだ。絶対さうにちがひない。

ちなみに、かな入力のできない OS (つて云つていいのかね) は日本語化されたとは云へないとやつがれは思つてゐる。
といふわけで、PalmOS 機の日本語版は未だ発売されてゐないのである。

|

« 初代カラクリ | Main | ぢやんぢやんヂャンティ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本語版 PalmOS 機が待たれる:

« 初代カラクリ | Main | ぢやんぢやんヂャンティ »