« 近頃巷に流行るもの | Main | Love Tatting »

Wednesday, 11 August 2004

生半可な讀者

柴田くんが好きである。
柴田くん、などと気安い呼び方だが、柴田元幸のことだ。
書店などで著作を見つけると、「あ、柴田くんの本だ」と思ふし、たまたま年度始めに上京して東京堂なんぞに立ち寄つた折、「東京大学 柴田先生 ゼミ」と付箋の貼られたペイパーバックなんぞに出会はうものなら、
「こ、これはもしかして、柴田くんのゼミで使ふ教材っっ」
と、思はず手に取りさうになつてしまふくらゐである。
手にとればいいではないか、といふ向きもあらうが、はづかしながら文学にはとんと縁がないもので、おそらく読んでもおもしろいとは思はない可能性大なのだ。
……こんなんで「柴田くんが好き」とか云つてゐていいのだらうか……。
あー、いいなー、東大の学生は。柴田くんの授業が受けられるなんて……。うらやましー。これは本気でうらやましい。

はじめて柴田くんの本を読んだのは新潮文庫版の「佐藤君と柴田君」だつたと思ふ。
この本が大層気に入つたので、_Universe of English_ シリーズを「読む」やうになつた。
本格的に好きだ~、と思ふやうになつたのは、やつがれにしては苦労して探した「生半可な學者」と、そして「死んでいるかしら」を読んでからである。
なんたつて「死んでいるかしら」だよ。
「うをー、かういふ風に感じてる人つてちやんとゐるんだ」
といふのが最初の感想。
さう、何をかくさうやつがれも「死んでいるかしら」な感じで日々暮らしてゐるからである。

でも、さうは云ひつつも、柴田くんは全然「生半可」なんかぢやないし、「死んでいるかしら」でもないんぢやないか、と思つてはゐるが。

「愛の見切り発車」も好きだなあ。東大の職員紹介Webページを見たら著作欄に「愛の見切り発車」とか書いてあつて笑ふの笑はないのつて。

さて、ではやつがれがどのくらゐ「生半可な讀者」かといふと、柴田くんの本を読んで「うをー、この小説、おもしろさう」と思つてアメリカ文学なんぞを購入したりすると、大抵肩透かしを食らふ、といふあたりである。
ああ、ヲレつてとことん文学に向かないんだなあ。
でもまあおかげで _Catcher in the Rye_も読めたからいいか。天邪鬼なので結局原書で読んでしまつた。まちがつても野崎孝訳や、ましてや村上春樹訳の本は読まないんだよな。世界をせばめてる? さうかなさうかも。

それでも自分にしてはずいぶん読んだ方だと思ふ。
オースターはもちろん、エリクソンやミルハウザー、チトちがふかもしれないがバーセルミ……
オースターなんか原書まで買つちまつたくらゐである。嗚呼。
すべて柴田くんのせゐ、柴田くんのおかげだ。
ありがたう、柴田くん。

|

« 近頃巷に流行るもの | Main | Love Tatting »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生半可な讀者:

« 近頃巷に流行るもの | Main | Love Tatting »