Main | 散乱 »

Friday, 28 May 2004

Jazz It!

「鳥類学者のファンタジア」読了。
奥泉光は「「吾輩は猫である」」殺人事件」しか読んだことはないが、「鳥類学者の……」はタイトルを見た時にすぐ買ひだ、と思つた。
だが、山下洋輔の解説にあるやうに「チャーリー・パーカーだな」と思つたからではない。
ただなんとなく、である。
何をかくさうやつがれはタイムトラヴェルものに弱い。特に「時を隔てた関係」には無条件降伏である。
宮部みゆきの「蒲生亭事件」はさほどおもしろいとは思はなかつたが、タイムトラヴェルものにつきものの「時を隔てた関係」にはよろめいてしまつた。
「鳥類学者の……」の主役はジャズをもつばらにするピアニストで、ジャズ黎明期の巨人たちと競演する下りはとにかく圧巻。そこだけ何度も読み返してしまつたほどである。
このあたり、チトばかりコニー・ウィリスの「リメイク」を思ひ出さないでもない。

特にジャズが好き、といふわけではないが、ジャズを聞きたい気分になつてしまつた。

とか云ひながら、今BGMはマイケル・ペイリンの「樵の歌」だつたりするけれど(^_^;)。

|

Main | 散乱 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Jazz It!:

Main | 散乱 »