Wednesday, 16 October 2019

「推し」がゐない

先週、ジョン・レノンの誕生日に思ひ出したことがある。
中学生のときに知り合つた友人が云つたことばだ。

「私はジョンが好きだけど、Nちやんはポールだよね」

さう云はれて、「自分はポール・マッカートニーが好きだつたのか!」と蒙を啓かれる思ひがし、同時に「はたしてほんたうにさうだらうか」といふ気持ちになつた。

ビートルズの中で誰が好きかとか、それまで考へたことがなかつたことにも遅まきながら気がついた。

ビートルズを聞くやうになつたのは小学四年生の時のことだ。
当時は周囲に「ビートルズ、いいよねえ」と語り合へる相手もなく、ただただラジオから流れてくる歌を聞くばかりだつた。
母は「レコードなんて買つてもすぐに聞かなくなるから」といふし、小学生ではなかなかレコードなんて買へなかつたといふこともあるのだが、あのころなぜかFM局でビートルズ特集を組むことが多く、ラジオを聞くだけでほぼすべての歌を聞くことができたのだつた。

中学の時に出会つたジョン・レノンが好きな友人が、ビートルズについて「いいよねえ」と語れるはじめての相手だつた。

今風に云ふと、「推しがゐなかつた」といふことになるだらうか。
友人に「ポールが好きだよね」と云はれてはじめて「だつて四人でビートルズだし」と思ふやうになつた。
かといつて「箱推し」といふのともまた違ふ。
ビートルズ好きだけど、別に推しはしないんだよなあ。
強いて云へば、「この歌いいから聞いてよ」と思ふ歌はあるが、でもそれもしたことないなあ。

だいたい、ビートルズのメンバーの生ひ立ちだとか為人とか、気にならないしね。
どうでもいいぢやん、そんなこと。
最近(え、以前から? こりやまた失礼しました)立川志らくがめうちきりんなことを云つてあちこちから非難されてゐるが、それと志らくの落語とは関係ない。
高座は高座。
めうちきりんな発言はめうちきりんな発言。
さういふものだと思つてゐる。

さう考へると一事が万事そんな感じで、自分の好きな芸能人の好きな食べ物は何でどんな服をよく着て犬派だとか猫派だとか、そんなことはどうでもいいのだつた。
#天本英世のガラムだけはちよつと別かも。

「推し」といふことばが一般的になつてきて、よくよく考へてみると自分には「推し」と呼べる対象がないことに気づく。
世の中、「推し」がゐた方が楽しさうだ。
生きる張り合ひにもなりさうだし。
で、自分にはゐないだらうかと考へたところ、どうもゐさうにないし、これまでもゐた試しがなかつたやうに思ふ。

それつてたぶん、好きだなあと思ふ芸能人やその他の存在の為人にあまり興味がない、あつてもまづ欠点から探してしまふ傾向があるからなんだらうな。
推せないのだ。
「こんなにすばらしいんですよ」と世界に云つて回れない。
だつてこんなダメなところもあんな人間としてどーよと思はれるやうな欠点もあるんだもの。

それでも好きなら「推し」と呼べるのだらうか。

推さなきやダメか。

| | Comments (0)

Tuesday, 15 October 2019

新たな口実

タティングレースの栞を使ひはじめた。

普段、タティングレースの栞はあまり使はない。
使ふときは、あみものやタティングレースの本に使ふ。
写真のページと作り方のページとに栞をはさんでどちらも即開けるやうにする。

この使ひ方でいままで不満を感じたことはなかつたのだが、今回はちよつと不満だ。
栞がやはらかすぎるのである。

栞はもうちよつとかつちり作らないとダメかな。
いつもの調子で結んでゐてはいけないのかもしれない。
のりをつけるといふ手もあるが、さうするとかびが生えるといふ話も聞く。
本にはさんだ状態でかびが生えたら目も当てられないものなあ。

といふわけで、新たに栞を作る口実が増えてしまつた。

| | Comments (0)

Monday, 14 October 2019

このまま春になりさうな

この秋冬はまづヴェストを編む予定でゐる。
そこでゲージをとつたはいいが、ずいぶん時間がたつてしまつた。
もう一度とりなほすかなあ。

と思つてゐるあひだに一週間くらゐたつてしまふ。
編み方や編み図があるわけではないので、自分で必要な段数・目数・袖ぐりや襟ぐりの減目具合を割り出さないといけないしな。
そこが面倒で進んでゐないといふ話もある。

夕べは突然冷えたので、この前編んだ Dane Shawl を羽織つてみた。
うーん、そんなにあたたかくないかも?
化繊混だから仕方がないかな。
洗濯機でがしがし洗へるからずいぶん使ふだらうと思つてはゐるけれど、どうかなあ。
まあ、いつでもものすごくあたたかくないとダメといふことはないので、さういふときにはいいかもしれない。

化繊混でもローワンのフェルテッドツイードはあたたかい。
パピーのシェットランドでヴェストを編んだら、フェルテッドツイードでも別のヴェストを編むつもりだ。
その前に灰色のカーディガンかなあ。
灰色のカーディガンも自分で段数・目数等を割り出す必要があつて、ヴェストよりむつかしいと考へてゐる。

考へてばかりゐると、春が来てしまふな。

| | Comments (0)

Friday, 11 October 2019

それでも文語を使ひたいか

文語と口語とを混ぜて使ふのつて、どうなんだらう。
ときどき考へる。

ビジネス文書は口語で書くこと、といふきまりがある。
旧文部省の「公用文の書き方 資料集」に「文語脈の表現はなるべくやめて、平明なものとする」とあるし、その付録には「なるべくわかりやすい自然な口語文を用いること」とあるので、それを受けてのことだらう。

ところで、やつがれは文語文については口語文でのそれに同等する教育を受けてゐないと思つてゐる。
口語文ではかうしてからうじて文章を書くことができるが、文語文ではできない。
必然的にビジネス文書も口語で書くことになる。

はずなのだが。
どうなんでせうね、実際のところ。

世の中にはいはゆる「文語脈の表現」があちこちにある。
たとへば、千野帽子の指摘する少年まんがのせりふとか。
「出よ、ナントカのカントカたる大魔王の僕なるナニガシよ!」みたやうなせりふね。
口語文なら「出ろ、ナントカのカントカな大魔王の僕のナニガシよ!」になるのだらうか。

それは呪文だから文語文でもいい、といふ話もあるか。
でも、文語文を使ひたいのだつたら全編それで通さないと気持ち悪くないだらうか。
気持ち悪くないんだらうな、たぶん。

ビジネス文書にも文語脈の表現はいくつもあるしね。
ここにも以前書いたやうに、人は気取つて書かうとすると文語脈の表現を使ひたくなるんだと思ふ。
文語脈の表現の方が正式に見える、とかね。
正式なのは旧文部省の資料にあるとほり現代口語文なのだらうが、人はさうは思はない。

で、やつがれのやうに文語文の教養の足りないものが、口語文と文語文の入り交ぢつたやうな(やつがれにとつて)気持ちの悪い文章を書いてしまふのだらうと思ふのだ。

もちろん、「ずつと口語文で書いてきたけど、ここはあへて文語脈の表現で書きたい」といふこともある。
人一倍気取り屋だつたりするやつがれにはある。
他の人のことは知らないけれど。

でもさういふときに教養のなさが邪魔をするんだよなあ。
なので、ビジネス文書など公の文書にはできるだけ「これは口語文のはず」と思ふ表現を使ふやうにしてゐる。
blogやTwitterはその限りではないけれどね。

といふやうなことをクイーンの「Teo Torriatte」を聞きながら考へてゐた。
歌の歌詞だから曲にあはせて口語文と文語文とが入り乱れるのは仕方がないと思ふけど、出だしはせめて「手をとりあひてそのままゆかむ」とかだつたらよかつたのになあと思はずにはゐられない。

あるいは文語脈の表現を全部口語にしておくとかね。

| | Comments (0)

Thursday, 10 October 2019

ちやんとした人間になりたいか

先日、健康診断のときのことだ。
順番待ちで込み合つてゐて、それでもやつと空いてゐる席を見つけたので座らうとしたときのことである。
向かひ側から人がやつてきた。
こつちの方がいすに近いし、おそらくやつがれの背後にある受付の方に行きたいのだらう。
さう思つて道を譲つたら、その人はいすに座つてしまつた。
おなじ職場にゐる、顔は知つてゐるが一緒に働いたことはない人だ。
以前から傍若無人なところのある人だとは思つてゐた。

その一方で、人間、この人のやうに生きてゐた方が楽なのではないか、とも思つた。
やつがれのやうに、向かひから人がやつてきたから道を譲るとか、背後から人がやつてくる気配があるからドアを開けておくとか、さういふことをする人間の方が苦労は多いし、有り体に云つて損なのではあるまいか。

健康診断といふのはやたらと無駄に待ち時間ばかり長いから、いろいろ考へた。
たぶん、人間としては、相手より自分の方がちやんとしてゐる。
では、自分はちやんとした人間になりたいのだらうか。
ちやんとした人間でありたいと思つてゐるのか。
思つてゐるとしたらなんのために?

そこで、「ちやんとした人間だと他人から思はれたいからさうしてゐる」といふことに気づく。
「自分は「ちやんとした人」である」といふメッキがはがれてしまつた。

自分がさうしたいから他人に道を譲つてゐるのではない。
人からちやんとした人だと思はれたいからしてゐる。
だから他人が譲つてくれないとすつきりしない気持ちになる。
「こつちは譲つてゐるのに」と思ふからだ。
譲つてゐるのは自分の意思でさうしてゐるに過ぎないのにね。

それでは今後は他人に道を譲つたり、ドアを開けておいたりしないことにするのか。
それもなんだかできないのだつた。
さうするものだと思つてゐるからだ。
でも身についてはゐないその証拠に、相手に譲る気がなければこちらもなにもしないことがある。
ちやんとした人といふのは、他人の言動に関はらず他人のことを慮る人のことだらう。

生きる甲斐なしとはこのことだらうか。
でも席に座つたあの人は、そんなこと思つてもみないんだらうな。

やはりあの人のやうな人間の方が生きてゐて楽なことに間違ひはなささうだ。

| | Comments (0)

Wednesday, 09 October 2019

Bullet Journalのメモの管理

Bullet Journal でひとつ悩んでゐることに、履歴の管理といふことがある。
履歴といふと大げさかもしれないが、書いたものを書きつぱなしにしないための手段がいまのところない。
一応、インデックスは書籍・芝居・落語・映画については作つてゐる。
あとはまめに見返すしかないのかなあ。

たぶん、Bullet Journal の問題のひとつは、日々の見出しが日付になつてゐることなのだと思ふ。
スケジュールやタスクを書き留めるのには最適なのだが、メモに関してはさうとはいへない。
日付と連携しないメモはたくさんあるからだ。

メモを書くときはアウトライン化して第一階層に見出しをつけることもある。
だが毎回毎回見出しを思ひつくわけでもないし、一々見出しを考へてゐたら思ひついたことがどこかへ消へてしまふ。

見返す時間を設けて、ものによつては情報カードを作るとかした方がいいのかなあ。

といふわけで、情報カードの復活を考へてゐるところだ。

| | Comments (0)

Tuesday, 08 October 2019

年賀状とタティングレースのモチーフ

ときどき年賀状のことを考へる。
毎年、その年のうちに書けてゐない。
今年は12月23日の祝日もなくなつてしまつた。
ますます書ける気がしない。
もうやめてしまはうか、と思はないでもないが、どうしたものかなあ。

一時、タティングレースのモチーフを年賀状に貼り付けてゐたことがある。
その年作りためたモチーフがちやうどいい数あつたから、と云ひたいところだが、年賀状の図案がどうにも思ひつかず、「ぢやあタティングレースのモチーフでも貼り付けたらどうだらう」と思ひついてはじめた。

無謀だつた。
見栄えのするモチーフを作るにはそれなりに時間がかかる。
それでも作りためたモチーフがある程度あつたからできたものの、一から作るとなつたらムリだらう。

今年はどうかといふと、栞や栞になりさうなエジングならそれなりに数がある。
またモチーフ貼り付け大作戦でいくかな。
いまからなら作つても間に合ふかもしれない。

モチーフつてほかにこれといつて使ひ道が思ひつかないからなあ。
ピアスにするとかペンダントトップにするとか、それはそれでおもしろさうだけど、作つてもまづ使はないことを考へるとモチーフのままおいておくのと変はらないし。
そもそもピアス穴をあけてゐないし。

Rollbahnの透明のカヴァを買つたからそこに入れてもいいかと思つたら、Diary & Notebook にはカヴァがちよつと小さすぎるやうだし。

モチーフを作るのは楽しいんだけどねえ。
作つたあとどうすればいいのやら。

といふわけで、そろそろ年賀状のことを考へやうかな、と思つてゐるのだつた。

| | Comments (0)

Monday, 07 October 2019

こんなこともあらうかと

Sweater for Dolls

 

先週は暑かつた。
真夏の蒸し暑さはないものの、暑いことにかはりはない。
そんな中、「世界の伝統柄を編む ミニチュア ニットコレクション」といふ本を紹介された。
22cmドールに着せられるサイズだといふ。
買ふでせう。
我が家のおリカのために買ふでせう。

 

そして買つたら編むでせう。
と思つたが、本で使用されてゐる編み針はビーズ手芸用の細い針が多い。
ビーズ編み用の細い針も持つてゐたはずだが、あれは編みづらかつた記憶がある。

 

そこで思ひ出した。
さうだ、Addi の USサイズ#000の棒針を持つてゐたはずだ。
もう何年も前に買つて、封も切らずにそのままになつてゐる。
買ふときも、「買ふとして、いつたい何に使ふんだらうなあ」と思ひながら買つた。

 

そんな状態でなぜ買つたのかといふと、お道具といふものはいつなんどき使ふことになるかわからないからだ。
ある日突然#000の編み針が必要になつたとして、手元になかつたら編むことができない。
備へあれば憂ひなし、とも云ふ。
真田志郎風にいへば「こんなこともあらうかと」だ。

 

今回はまさに「こんなこともあらうかと」だつたなあ。
USサイズの#000は1.5mm。
本の針のサイズとまつたくおなじといふわけではないが、0号針(日本サイズは2.1mm、USサイズは2mm)で編むよりはマシだらう。

 

Dane Shawl を編んであまつたくつ下毛糸で本に出てゐるガーンジーセーターを編み始めてみた。
さすがAddiの針は編みやすい。

 

今週も暑い日があるといふし、しばらくはこんなことをしてゐる気がする。

 

Addi Knitting Needle US Size #000

 

| | Comments (0)

Friday, 04 October 2019

雨の沼津 雪の岡崎

橋本治が「源氏物語」について書いてゐたことに、紫式部には漢籍の教養があつたから、対句的な書き方をしてゐる場面がある、といふことがある。

対句といふと、たとへば杜甫の「登楼」の三句めは「錦江春色来天地」で四句めが「玉塁浮雲変古今」となつてゐて、錦江と玉塁、春色と浮雲、来と変、天地と古今とがそれぞれ対になつてゐて、句全体もまた対になつてゐる。

橋本治は、「源氏物語」の夕顔の家と六条御息所の住まひとの描写が対になつてゐる、と書いてゐたと記憶する。
かたや夕暮れどき、かたや明るい日の下で、花といつて夕顔がひつそりと咲いてゐるだけといつた家と、見事に手入れされた庭をもつ屋敷とで、それぞれ話が進んでいく。

さうやつて見ると、浄瑠璃なども対句の関係になつてゐるものがある。
「仮名手本忠臣蔵」の判官と勘平との切腹が対になつてゐる。
判官は家臣と検分役とに見守られて立派な広間で腹を切る。
勘平は鄙の住まひで義母と二人の浪士とのゐる中で腹を切る。
判官からは由良之助が、勘平からは数右衛門がそれぞれ本心を聞き出す。
「仮名手本忠臣蔵」は義太夫狂言にしてはめづらしくモドリのない作品で、ゆゑに判官と勘平とが入れ替はつてゐるのではないか、といふ見方をされることがある。

「伊賀越道中双六」の沼津と岡崎とも対になつてゐるんぢやあるまいか。
雨の沼津と雪の岡崎。
かたやみづからの命を犠牲にして敵の在処を知らうとする老人と、みづからの幼子を犠牲にして秘密を守らうとする主人公。
かたや隠してゐるわけではなく互ひに親子と知らぬ仲。かたやみづからの正体を隠し偽名を名乗る弟子。

一番わかりやすいのは「伽羅先代萩」だらうか。
「竹の間」と「対決」、「御殿」と「刃傷」とがそれぞれ対になつてゐる。
女ばかり(若君・千松・忍びは男だけど)の「竹の間」と「御殿」と、男ばかりの「対決」と「刃傷」。
「竹の間」では政岡が詮議され、「対決」では仁木弾正らと渡辺外記左衛門らとがお白州で取り調べに合ふ。「竹の間」の裁き役は沖の井、「対決」は細川勝元だ。
「御殿」では幼い千松が命を落とし、八汐が成敗され、「刃傷」では年老いた外記が瀕死の重態となり、弾正が退治される。

この対の関係を見るには、通し上演を待つしかない。
「仮名手本忠臣蔵」はそれでも比較的通し上演があるからいいとして、「伊賀越道中双六」の岡崎なんて滅多にかからないし。

人気のある段だけ上演する、といふのにも意味はあると思つてゐる。
あまり上演されない段や演目を見る機会があると、なるほど、これは確かにおもしろくないよな、と思ふこともある。
その一方で、「ああ、これはかういふ話だつたのか!」と目の覚める思ひのすることもある。
客の入りを考へるとこれまで上演回数の少なかつた演目をかけるのはむつかしいかもしれない。

でも見てみたいとも思ふのであつた。

| | Comments (0)

Thursday, 03 October 2019

なぜなに「飛ぶ教室」

エーリッヒ・ケストナーの「飛ぶ教室」が気になる所以はいろいろある。

以前ここにも書いた気がするが、前書きでケストナーが「飛ぶ教室」を書き始めるまでや書き始めたあとのことをあれこれ綴つてゐるその中に、「緑の鉛筆」が出てくる。
いま思へば、それはファーバー・カステルの鉛筆のことなんぢやなからうかと合点がいくのだが、こどものころは緑の色鉛筆のことだと思つてゐた。
それで緑の色鉛筆を使つて書いてゐた時期がある。
書きづらかつたなー、あれは。

「飛ぶ教室」といふ題名も気になる。
なぜ「飛ぶ教室」なのか。
「飛ぶ教室」といふのは、登場人物のひとりであるジョニーの書いた戯曲の題名だ。
物語の中では、クリスマスにジョニーの通ふギムナジウムの生徒たちが「飛ぶ教室」を上演することになつてゐる。
実際に飛ぶ教室があつて、地理などで出てくる土地を訪ねる、みたやうな内容の戯曲だ。

「飛ぶ教室」自体は、ジョニーの友人たち、そして先生を描いた物語だと思つてゐる。
それがなぜ「飛ぶ教室」なのだらうか。
ときをり考へてみるが、わからない。
「Das Fliegende Klassenzimmer」を「飛ぶ教室」と訳すからいけないので、「さまよへる教室」としたらどうだらうかと思はないでもない。
「Der Fliegende Hollaender」は「さまよへるオランダ人」だからね。

もうひとつ、常々気になつてゐるのが、読んでゐて違和感を覚える部分がある、といふところだ。
ギムナジウムの生徒たちに合ひ言葉(でいいのか悩むところだが)があつて、これが時にしつくりこないのである。

同じ街にある学校の生徒たちと喧嘩することになつて、無論喧嘩は禁じられてゐるから秘密裡に計画されるわけだが、このとき作戦隊長みたやうな生徒がほかの生徒たちに「準備はいいか」といつた声をかかけると、ほかの生徒たちがその合ひ言葉を返す、それがなんだか妙なんだよね。
いろんな場面で使はれるから、ある場面ではしつくりきても別の場面では違和感が残る感じ、とでもいはうか。

これつてドイツ語が読めたら解決するのか知らんと思つてドイツ語を習つてみたこともあるけれど、解決するほどにはできるやうにならず……といはうか、全然できるやうにならず、現在に至つてゐる。
近頃面目次第もござりませぬ、とは、粂寺弾正のせりふにあるとほりだ。

といふわけで、思ひ出したからまたドイツ語でもやつてみるか、と思ひつつ、もういまさらといふ気もする秋のゆふぐれなのだつた。

| | Comments (0)

«人生アップデート