Friday, 19 July 2019

なつかしの洋楽メロディー

洋楽を聞き始めたころ、FMラジオ局でしばしば「洋楽オールタイムベスト100」とか「ベスト50」といふ長尺の番組が放送されてゐた。

いはば、洋楽のなつかしのメロディーだ。

第一位は「レット・イット・ビー」か「イエスタデイ」で、第三位は「ヘイ・ジュード」、第四位は「ホテル・カリフォルニア」とか場合によつては「ヘルプ!」とかといふ、出来レースなのかと思はれるやうな結果だつたが、考へてみたら聞く層がおなじなんだらうから結果もおなじになるのも道理だつたのかもしれない。

聞き始めたばかりだから、なにもかも新鮮だつた。
これのおかげで一番最初に「これがローリング・ストーンズの曲」といふことで聞いたのが「悲しみのアンジー」だつたりする、といふこともあるのだが。
なんで「サティスファクション」とか「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」とか「ペイント・イット・ブラック」とかぢやなかつたんだらう、とは思ふがなー。
さういふ層は聞いてなかつたのだらうか。

アバの前身のビョルン&ベニーの「木枯らしの少女」とかホリーズの「バスストップ」、アニマルズの「朝日のあたる家」……
「天国への階段」は途中までしか流れなかつたやうに覚えてゐるし、「ボヘミアン・ラプソディ」もさうだつたやうな気がする。

さうさう、当時クイーンを聞くやうになつて、ちやうど「ザ・ゲーム」と「フラッシュ・ゴードン」のあひだくらゐのことで、なのに「キラー・クイーン」とか「ボヘミアン・ラプソディ」の方が親しみを覚えるのはかういふ「洋楽オールタイムベスト100」とかいふ番組の影響なのだつた。

レッド・ツェペリンだのクイーンだのは、どちらかといふとかういふベスト番組ではあまりかからなくて、自分で探して聞くしかなかつたと思つてゐたけれど、労せずして聞けてもゐたんだな。

エルヴィス・プレスリーはほぼ一曲もなかつたり、50年代から60年代にかけてのアメリカン・ポップスもそんなになかつたやうな気がする。ポール・アンカとかニール・セダカとかね。それはそれでまた別の番組で聞いてゐた。

あれは、どういふ番組だつたんだらうなあ、といまになつて思ふ。
聴取者から好きな曲を募集して順位をつけてゐたのだらうとは思ふけれど。
なのに、ストーンズが「悲しみのアンジー」つて、どういふことなのか。

いまもかういふ番組はあるのかな。
あるとして、どんな曲が選ばれるのだらう。
当時、ビリー・ジョエルはまだかういふ番組にでるには新しすぎた感じだつた。
マイケル・ジャクソンはソロになるかどうかといふ時期だつた気がする。
マドンナはまだ登場してゐない。

いまだつたらどんな曲が選ばれるのかなあ。

知らない曲ばかりなんだらうな。

| | Comments (0)

Thursday, 18 July 2019

「都市の空気は自由にする」?

「Ferne Reisen machen weise.」とは Rollbahn の手帳の表紙に書かれてゐる四つの文章の一つだ。
「遠方に旅することで賢くなる」とでもいはうか。
直訳だと「遠方への旅は賢くする」だらうかな。
「Stadtluft macht frei.」が「都市の空気は自由にする」になるのとおなじ理屈だ。

遠方への旅といふ場合、どれくらゐ離れてゐれば「遠方」といふのだらう。
三連休の土日と大阪・京都に行つてきたのだが、それは遠方にあたるのか。
最近ご無沙汰してゐるが、飯田は遠方か。大阪や京都に行くときより時間がかかるんだから、遠方な気がしてならない。

そして、行つて、賢くなつてゐるだらうか。
どうもそんな気はしない。
なぜだらう。
遠方ではないからか。
あるいはそもそも旅ではないからか。

賢くならうと思つたら、それなりに準備をしたり心得ておかなければならないことがあるといふことなのだらうか。
でもそれだと machen はをかしかないだらうか。
「都市の空気は自由にする」と云つたとき、人もまた自由にするためになにかしてゐるのだらうか。

うーん、してゐる、のかもしれないなあ。

| | Comments (0)

Wednesday, 17 July 2019

読まない人々

今朝、「あさイチ」を見てゐたら衝撃的なことがあつた。

人は麦茶の箱に書いてある麦茶の作り方を読まない、といふのだ。
しかも、インスタントラーメンの袋に書いてある作り方も読まないといふ。

もちろん、「あさイチ」でさう証言してゐたのは、麦茶のおいしい入れ方を習つた一般の人(を演じるどこぞの劇団員といふ可能性もある)と、ゲストで来てゐたとおぼしき二人の三人だけだ。
でも、すくなくとも、書いてあるのに読まない人がゐる、といふことだ。

最近はスマートフォンを使ふのにも長々しい使用許諾書のやうなものを読まねばならない。

EUの一般データ保護規則(GDPR)に併せて、変更になつた利用許諾書を読むのが面倒くさくてポケモンGo!もどうぶつの森ポケットキャンプもやめてしまつたやつがれのやうな人間は少数派なのかもしれない。
それともみんな、あれを全部読んで理解してゐるのだらうか。
できないのはやつがれだけ?
さうなのかもしれない。

世の中には文字が書いてあると読まずにはゐられないといふ人もゐるのになあ。
展覧会などに行くと展示物はろくろく見もせずに題名と作者とちよつとした説明文を読んですませてしまふ人も多いしなあ。

この違ひはどこからやつてくるのだらうか。

| | Comments (0)

Tuesday, 16 July 2019

Bullet Journal とタティングレース

三年前に Bullet Journal をはじめた。
最初はミドリのMDノートの新書サイズを使つてゐた。
次にバイブルサイズのシステム手帳を二年半くらゐ使つた。
今年の一月からLEUCHTTRUM1917のA5サイズを使つてゐて現在に至る。
そろそろページも尽きかけてゐて、次のノートに移るころだ。
次はロルバーンのB6サイズ相当のノートと決めてゐる。

ロルバーンのB6サイズにする理由は、A5サイズの手帳は持ち歩くのに不便だからだ。
手帳は常に持ち歩きたい。
A5だとかばんにうまくおさまらならいことがある。
でもあるていどの大きさはほしい。
さう考へるとB6サイズが妥協点な気がしてゐる。
ほんとは Moleskine のポケットサイズくらゐがいいんだけど、Bullet Journal に使ふにはちよつと小さい気がするんだよね。
測量野帳も気に入つてゐるけれど、こちらはページ数が少ない。

といふわけで、ロルバーンにすることにしたのだが、ここにひとつ問題がある。
ロルバーンには栞がついてゐない。

MDノートには一本だが栞がついてゐた。
システム手帳は財力さへあれば好きなだけ栞用のリフィルを足すことができる。
LEUCHTTRUM1917には二本栞がついてゐる。
ロルバーンにはない。

さてどうしたものか、といつたときに思ひつくのが「さうだ、タティングレースの栞を作らう」なのは、まあ誰でも予想のつくことかと思ふ。

問題は、ロルバーンに固定された栞ではないといふことだ。
ページを開ければ栞は手帳からはなれた場所におく必要がある。
これだとなくしてしまふのではあるまいか。
なくしたらまた作ればいい?
ごもつともではある。

ロルバーンはスパイラル綴じのノートだ。
ピコをスバイラルに通すやうにしたらどうだらう。
さうしたら栞を固定できるのでは?

といふわけで、その路線でひとつかふたつ作つてみやうと思つてゐる。
どの栞にしやうかなあ。

と、考へてゐるときが一番楽しい。

| | Comments (0)

Monday, 15 July 2019

文明の利器を投入したはいいものの

先週の水曜日、思ひたつてデスクライトを買つてきた。
蛍光灯が取り付けられなかつたからだ。
このまま暗い中暮らしていくのもなんだし、と思つてな。

一応、売場でできるだけ明るいものをと選んで買つてきた。
でも自信はなかつた。
だつて売場がもう十分明るいんだもの。
その中で明るいといつたつてたかが知れてゐるだらう。
さう思つて家に帰つて早速点灯してみたらこはいかに。

明るい!
まばゆい!
文明の利器!

これならすこしばかり離れた場所でもちよつとしたことができさうだ。
もちろんこれまであきらめてゐたあみものもできる。

と、喜んでゐたのだが。

結局、先週もなにも編んでゐない。
この三連休は関西方面に遊びに行つてゐたしな。
あと少しで編み終はるといふのに。

この「あと少し」といふのが難物なのはいつものことだ。
とりあへず、もうすこし気持ちが落ち着いてきたら再開するつもりだ。
蛍光灯の取り付けも、もうすこし落ち着いたら再度挑戦するつもりでゐる。

なんでこんなに気持ちがざはざはしてゐるのかな。

いつものことではあるけれど。

| | Comments (0)

Friday, 12 July 2019

帰属意識と占ひ

干支や星座、四柱推命に血液型、占ひにもいろいろあるけれど、「あたつてる!」と思つたものはひとつもない。

動物占ひ(ある意味、四柱推命占ひ)だとやつがれは緑のチータで、緑のチータといふのは「超ポジディヴ」なのださうである。
「超ポジディヴ」?
やつがれが?
とは以前も書いた。

こちらは占ひではないが、MBTI (Myers-Briggs Type Indicator)といふ性格診断もアヤシい。
出てくる結果を見てもほぼ自分にあてはまるものはない。
本来は資格のある人間でないと診断はできないのらしいが、さういふ問題でもない気がする。
これも、「あたつてる!」「全部あてはまる!」といふ意見が多くてびつくりする。

たぶん、まつたくあたつてゐない人やほとんどあたつてゐない人はわざわざ「あたつてない」とか「ほとんどあてはまらない」などと声を上げたりしないのだらう。

まあ、MBTIもいまではまつたくあてにならない性格診断とばつさり切り捨てられてゐるやうだが。

ふしぎなのは、「あたつてる!」「全部あてはまる!」みたような人がゐる一方で、やつがれのやうに「あたつてない」「全然違ふ」と思ふ人がゐる、といふことだ。
……ふしぎでもなんでもないか。
世の中さうしたものか。

でも、どこからさういふ違ひが生まれてくるのだらう。
なぜ自分は「あたつてる!」と思はないのか。
自分のことを理解してゐないから?
それはありうる気がする。
では占ひや性格診断で「あたつてる!」と思ふ人は自分のことをよく理解してゐるのだらうか。
自分の性格を理解してゐたら、わざわざ占ひや性格診断に頼らなくてもいいのでは?

この違ひは、帰属意識の高いか否かにあるのではないかといふ気がしてゐる。
たぶん、普通の人は帰属意識が強いのだ。
どこか何かに所属したいと思つてゐる。
やつがれにはそれがない。
できればどこにも所属したくない。

ゆゑのことなのではないかと思ふが如何に、だな。

| | Comments (0)

Thursday, 11 July 2019

淘汰されるべきCD人間の怪

先月、「アナと世界の終わり」といふ映画を見た。
ゾンビとミュージカルとの組み合はせといふのに心惹かれたといふわけではなく、予告篇を見てエラ・ハント演じる主役とサラ・スワイヤー演じる登場人物に心惹かれたからだ。

何度か書いてゐるやうに、怖いものは苦手だ。
ゾンビ映画もいままでひとつも見たことはない。
「アナと世界の終わり」にはゾンビ映画からの引用が各所にあるらしい。
見てないからわかんないんだよなー。
ちよつと悔しい。

見に行つて、もうゾンビはいいやと思つたけれど、でも映画自体はおもしろかつた。
ゾンビが出てないんだつたらもう一度見たい。
ゾンビ映画だからおもしろいんだろうとも思ふけれどもね。
おそらくゾンビ映画の文法で作られた映画だものね。
ゾンビ映画のお約束といふものがあつて成り立つてゐる映画だと思ふ。
そこに唐突に(でない場合もあるけれど)歌や踊りが入る。
歌がまたよくてね。

それで、「サウンドトラックを買はう!」と思ひたつたはいいが、今日日CDといふものはないのだつた。
Web検索をかけても出てくるのはダウンロードの案内ばかり。
HMVかタワーレコードにでも行けばありさうな気がしないでもないが、空振りしさうな予感もある。

iTunesを使つてゐると、一度は音楽をダウンロードして買つてみることもあるだらう。
ご多分にもれずやつがれも何度か買つたことがある。
CDまるごとはちよつとなー、といふ場合でも気に入つてゐる曲だけ買ふこともできるし、なにしろCDといふものが増えないし、いいな、と思つたものだつた。

そのはずが、気がつくと、またCDを買つてゐる。
最近だと持つてゐなかつたクイーンのCDは実店舗に行つて買つてきたものが多い。
実店舗でなくてもネット通販でCDを買つてゐる。
MP3などを買つてダウンロードしたものはひとつもない。

なぜだらうか。
ものが増えなくていいと思つてゐたはずなのに。

ひとつには、もともとCDで持つてゐたものが何枚かあつたから、といふことがあるだらう。
それでなにも考へずにCDを買つてしまつた。

また、CDにはライナーノートがついてくる。
そんなに熱心に読むわけではないが、といふのはライナーノートには「ライナーノート文体」とでもいふべき書き方があつてこれがそんなに好きなわけではないからだが、でもまあ、ダウンロードしてきてもついてはこない。

LPレコードのころと比べたら多少迫力は失せたものの、ジャケットもある。
MP3ダウンロードでもジャケットの画像を入手できることはあるが、CDでいふ表だけで裏もといふことはあまりない。

あとは、まあ、やはり時代に乗り遅れてゐるからだらうな。
淘汰されるべき人間、といふわけだ。

そんなわけで「アナと世界の終わり」のサウンドトラックはどうしやうかなあと思つてゐる。
ダウンロードするかな。

いい歌が多いんですよ。

| | Comments (0)

Wednesday, 10 July 2019

居場所がない

今月は大阪松竹座に片岡仁左衛門の碇知盛を見に行つてあちらの友人と会ふし、来月は旅に出るつもりだし、九月には中村吉右衛門の松王丸があつて中村歌六の松浦侯があつて、十月は落語会に行くし、十一月もおそらくなんかあるし、十二月はこれで最後といふ噂の柳亭市馬のお歌の会があつて、一月にはさいたまに行く。

そこまでは生きなければ。
さう思ふ。

さうは思ひつつ、時折投げやりになつてしまふのはなぜなのだらうか。

思へば去年の十月末にポール・マッカートニーを聞きに行つたときなどもそんな感じだつた。
東京ドームまで来てゐるのである。
中に入つて、あとは開演を待つばかり。
なのに心が晴れない。
「どうして自分はこんなところにゐるかなあ」などと埒もないことを考へてしまふ。

もつといへば三年前、京都に顔見世を見に行つたときなどは、行きの新幹線の中でどうにも気持ちが沈み、歌舞練場に向かふバスの中では、もうほとんど泣きさうだつたくらゐだ。

だつたら行くなよ、といふ話なのだが、実際に見聞きするとこれが「いろいろあつたけれど、来てよかつたなあ」になる。

どういふことなのだらうか。

I don't belong here.

さう思つてしまふのだ。
ぢやあどこに blong してるんだよ、といふと、さういふ場所がないことに気づく。

自分の居場所がないんだな。
探してもゐないけれども。
だつてどこにもないかもしれないぢやん。

たまに自分の居場所ではないところに行くのはいいかもしれないけれど、常から自分の居場所でないところにゐるのに、なぜわざわざさらに遠いところ、それも物理的にも心理的にも遠いところに行かねばならないのか。

ぢやあ行くなよ。
次からは行くのをよさう。

と、毎回おなじことを考へてゐる。

| | Comments (0)

Tuesday, 09 July 2019

縄を結んで文字にはしたのに

糸や縄を結ぶことは太古の昔からあつて、結縄文字や結縄数字なんてなものもあつて、日本にもあつたといふのは歴史の授業でちよこつと出てきたりする話だ。


手芸でいふとマクラメが糸を結んで作るもので、本邦ではプラントハンガーやベルトなど縄に近いやうな太い糸を結んで作るものがよく知られてゐるけれど、北方民族博物館などにいくと、40番手やひよつとするともつと細いやうなレース糸で作られたマクラメ作品が展示されてゐたりする。
マクラメは、ヨーロッパに渡つたものはアラビアにはじまつたとされてゐる。
また、中南米でも独自の発展をしたものもある。ミサンガなんかはそれなんではあるまいか。
タティングレースも古代エジプトにまでさかのぼれるとWikipediaにはある。

なんで日本では発展しなかつたんだらうかな。
結んで字や数字にするところまで来ながら、なぜその先には進まなかつたのだらう。
日本ではレース編みといふものも発展しなかった。
似たやうなものでいふと、漁に使ふ網くらゐだらうか。
網を作つたのなら、その先に行つてもいいのに。結縄文字・結縄数字はわりと同時多発的といはうか、伝播したわけではないけれど異なる地域で似たやうなことが行はれてゐたやうだといふのに。

刺繍は発展したのになあ。
てなことは、すでに誰かが研究してゐるやうにも思ふ。

機会があつたら探つてみるか。

 

| | Comments (0)

Monday, 08 July 2019

平日は編めない

平日にあみものができなくなつてしまつた。
この週末、蛍光灯が取り付けられなかつたからだ。

蛍光灯が切れたのは先週の日曜の夜のことだ。
夜のことだつたのでどうしやうもなく、先週一週間は暗い中で過ごした。
土曜日に思ひ切つて、蛍光灯を取りはづしてみた。

一大事だつたなあ。
まづ蛍光灯のカヴァがはづれない。
一度あきらめて脚立から降り、気を取りなほして力業でカヴァをはづした。
いま思へば、蛍光灯をはづすのが一番楽だつた。
最初は戸惑つたが、回してみたら回り、端子が見えてはづせることが見てとれたからだ。

ここで求める蛍光灯の型がわかつたので、買ひに行つた。
帰りついて早速取りつけやうとした。
やつてもやつても蛍光灯の端子が入つていかない。
四本あるうちの二本をなんとか取りつけられたときには、帰宅から四十分はたつてゐた。

気をとりなして三本目に挑戦したが、どんなにやつても入らない。
夕暮れも近づき、だんだん暗くなつてきたのでその日はもうあきらめた。
よくよく見ると取りつけられたと思つた二本もうまく入つてゐないやうな気がする。

翌朝起きて確認したら、やはり取りつけられたと思つてゐた二本ともきちんと取りつけられてはゐなかつた。
このままでは地震でもあつたら落ちてきてしまふと思ひ、とにかくこの二本をはづすことを最優先にした。

うーん、はづすのはうまくいくんだよなあ。
はづしたうちの一本を取り付けやうとして、うまくいかない。
Web検索をかけたところ、先に片方の端子をはめておいてからもう片方の端子をはめる、と書いてあつたのでそのとほりにやつてみたのだがうまくいかない。
そりやさうだ。ななめになるんだもの、うまくはまるわけがない。
でも自己流でやつてみてはまらないものだから、藁をもつかむつもりでやつてみたんだよね。

いろいろやつてみて、どうやら脚立に乗つた状態で両手を上にあげなければうまくできないといふことに気づいてあきらめた。
脚立に乗るときは片手は必ず脚立の枠をつかむやうにしてゐる。
#あ、ステップ式折りたたみ脚立なので。
さうでないと足下がぐらつくし、あぶない。

カヴァはもつとムリだつた。

といふわけで、蛍光灯の取りつけはあきらめてしまつた。
Web検索をかけると「かんたん」「カンタン」「こんな簡単な事」といふ文言が次から次へと出てくる。

そんな誰にでもできるやうなかんたんなことができないだなんて……

そんなわけで、夜は暗いままだ。
あみものはできない。
土日にするしかないか。

もちろん、この土日は蛍光灯騒動ですべてつぶれてしまつた。

| | Comments (0)

«蛍光灯が切れてゐる